即日融資

住信SBIネット銀行『MR.カードローン』は即日融資できるのか解説

住信SBIネット銀行のカードローンと言えばMR.カードローンです。

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資するインターネット専業の銀行として誕生しました。

従来の都市銀行や地方銀行とは全く違う形態の銀行というわけですね。

ネット銀行ですので、普通の銀行と違って実店舗は存在しません。

MR.カードローンは即日融資が可能なのでしょうか。

また、カードローンとしての特徴などを解説します。


銀行カードローンなら、利用が簡単そうなネットバンクが良さそう。住信SBIネット銀行って普通の銀行とどう違うのかな!?

 


住信SBIネット銀行「MR.カードローン」は低金利だしWEBで簡単に申し込みができるおすすめのカードローンよ!

驚きの金利の安さと、利用限度額の高さ

MR.カードローンで驚かされるのは、金利の安さです。

金利はなんと、年0.99パーセントから年14.79パーセントとなっています。

銀行カードローンとしては、かなり金利が安いと言えるでしょう。

さらに、利用限度額は10万円から最高1,200万円と、非常に高額となっています

仮に利用限度額が1,200万円の人が年利0.99パーセントで100万円借りたとすると、30日間に付く利息は僅か813円ということになります。

1,000,000円に0.0099を掛けて365日で割り、30日分を掛けると約813円ということです。

1年換算の利息は9,900円になるわけですね。

なお、金利はプレミアムコースとスタンダードコースに分かれており、さらに所定条件によって金利引き下げサービスがあります

お得な金利となるプレミアムコース

プレミアムコースでは、かなり安い金利での利用が可能です。

以下がプレミアムコースの基準金利となっています。

★利用限度額が1,200万円以下で1,100万円超の場合は年利1.59パーセント
★利用限度額が1,100万円以下で1,000万円超の場合は年利2.39パーセント
★利用限度額が1,000万円以下で900万円超の場合は年利2.49パーセント
★利用限度額が900万円以下で700万円超の場合は年利2.99パーセント
★利用限度額が700万円以下で500万円超の場合は年利3.99パーセント
★利用限度額が500万円以下で300万円超の場合は年利4.99パーセント
★利用限度額が300万円以下で200万円超の場合は年利5.29パーセントから5.99パーセント
★利用限度額が200万円以下で100万円超の場合は年利6.39パーセントから6.99パーセント
★利用限度額が100万円以下で10万円以上の場合は年利7.99パーセント

あくまでも基準金利であり、所定条件によって金利がさらに低くなる場合もあります。

プレミアムコースは、かなり条件の良いことが一目瞭然です。

なお、プレミアムコースは審査によって決まるため、利用者自身が選ぶことはできませんのでご了承ください。

一般的なスタンダードコース

審査にもよりますが、普通の場合は一般的なスタンダードコースになります。

基準金利は以下の通りです。

★利用限度額が300万円以下で200万円超の場合は年利8.99パーセント
★利用限度額が200万円以下で100万円超の場合は年利11.99パーセント
★利用限度額が100万円以下で10万円以上の場合は年利14.79パーセント

もちろん、スタンダードコースでも所定条件によって金利がさらに低くなる可能性があります。

所定条件によってさらに金利が低くなる

プレミアムコースおよびスタンダードコース共に、所定条件によって上記の金利よりも最大0.6パーセント引き下げられます

★条件1 JCBのミライノ カード保有で引落口座を設定すると年0.1パーセント引き下げ
★条件2 SBI証券口座保有登録済もしくは住信SBIネット銀行の住宅ローン残高がある場合は年0.5パーセント引き下げ
★条件1と条件2の両方を満たしている場合は、合計で年0.6パーセント引き下げ

たとえばプレミアムコースで利用限度額が1,200万円の場合、条件1と条件2の両方を満たしていれば、基準金利の年1.59パーセントから0.6パーセントを引いて年0.99パーセントになるというわけです。

つまり住信SBIネット銀行を利用している方は、かなりお得になるわけですね。


申し込み条件や返済方法はどうなっているのかしら?銀行だと手続きが複雑なイメージがあるけど。

 


住信SBIネット銀行ならその心配はないわ!審査対象も広くて、サービスも顧客目線なのよ。具体的に見ていきましょう。

気軽に申し込めるMR.カードローン

銀行カードローンと言えば、消費者金融と違ってハードルが高いと思われています。

しかし、MR.カードローンは決してそんなことはありません。

住信SBIネット銀行の特性を活かしたネット銀行によるカードローンですので、時代にマッチした借り入れが可能なのです。

安定収入さえあれば申し込み可能

MR.カードローンでは正社員に限らず、申し込み時の年齢が満20歳以上満65歳以下で、安定継続した収入さえあれば非正規社員でも申し込みできます

派遣社員はもちろんパートやアルバイト、個人事業主でも申し込みは可能です

ただし、専業主婦や年金生活者は申し込みできませんのでご了承ください。

ATM手数料は無料

MR.カードローンでは全国のイオン銀行やセブン銀行、イーネットそしてローソンATMの提携ATMでの利用が可能です

これら提携ATMでいつでも何度でも借り入れおよび返済ができるうえ、ATM手数料は無料です。

実に手軽な利用が可能なのがMR.カードローンの特徴です。

月々2,000円からの返済が可能

MR.カードローンでは毎月の返済は2,000円から可能です。

したがって、無理のない返済計画を立てることができるわけですね。

しかも、毎月の返済とは別に追加返済も可能となっています。

余裕があるときは、多めに返済して少しでも利息を減らすことができるということです

なお、返済には代表口座の円普通預金からの自動引き落としと、提携ATMからの返済という2種類があります。

借入金の使い道は原則自由

MR.カードローンで借りたお金は、事業性資金でなければ使い道は原則自由です。

たとえば借りたお金を飲み会の費用に使っても構いませんし、マイカーの購入に充ててもいいわけです。

冠婚葬祭や入院など、急な出費のときには非常に便利ですね。

利用明細の郵送はなし

MR.カードローンでは、利用明細が自宅に郵送されることはありません

借り入れしていることも、家族にはばれずに済むでしょう。


住信SBIネット銀行って利用しやすそうね!審査スピードについても気になるけどどうなのかな?

 


銀行カードローンは即日融資ができない規定があるの。けど、コツがわかれば審査時間をかなり短縮できるわよ!

MR.カードローンの審査スピードについて

カードローンに申し込むとき、審査スピードが気になります。

特に急いでお金を借りたいとき、即日融資が可能ならぜひ申し込みたいところです。

それでは、MR.カードローンの審査スピードはどうなっているのでしょうか。

銀行カードローンの即日融資は不可

MR.カードローンは残念ながら、即日融資には対応していません。

これには理由があって、消費者金融と違い銀行カードローンでは、2018年から即日融資ができなくなったのです。

反社会勢力への対抗策により、仮審査に合格した後には警察庁による照会が必要になりました。

MR.カードローンに限らず銀行カードローンでは即日融資が不可能になったことを、どうぞご理解ください。

仮審査は最短60分

即日融資はできないとはいえ、MR.カードローンの仮審査の早さには定評があります。

最短で約1時間という早さです。

ネット銀行の強みが仮審査に活かされています。

MR.カードローンに申し込む際の流れ

住信SBIネット銀行はその名の通りネット銀行ですので、実店舗は存在しません。

したがって、MR.カードローンに申し込む際も、わざわざ店舗へ行く必要はないのです。

全てはパソコンかスマートフォンで申し込みができるので、自宅で完結するわけですね。

インターネットで申し込み

まずは、パソコンかスマホでMR.カードローンのサイトを開いてください。

お申込みはこちら、のボタンを押すと申し込み画面が現れます。

審査に通るかどうか不安な人は、申し込む前にお試し診断で借り入れが可能か否か、簡単に診断できます。

住信SBIネット銀行に口座をお持ちの方は、ログインして操作を進めてください。

口座をお持ちでない方は、住信SBIネット銀行の口座を開設する必要があるので、口座開設の手続きを指示に従って行いましょう。

キャッシュカードは本人限定受取郵便で約1週間後に郵送されます。

なお、プレミアムコースとスタンダードコースの申し込み方法は全く同じです。

どちらかを利用者が選ぶことはできません。

審査結果によりコースが決められます。

仮審査を行う

入力情報を元に、審査が行われます。

この際、住信SBIネット銀行もしくは保証会社から、勤務先か携帯電話に連絡することもあります。

メールで仮審査結果通知

仮審査の結果がメールで通知されます。

合否はもちろん、合格した場合は利用限度額も示されるのでご確認ください。

利用限度額はご希望に添えない場合もあります。

合格の場合、必要書類の提出期限も書かれているので確認しましょう。

必要書類の提出

仮審査に合格すれば期限日までに必要書類を提出しなければいけませんが、普通の銀行と違って店舗はないので書類をわざわざ持って行く必要はありません。

提出方法には、パソコンやスマホからのWEBアップロードと、ファックスの2種類があります。好きな方を選んでください。

WEBアップロードの場合、デジタルカメラやスマホで書類の写真を撮って、画像データを所定の方法で送ればいいわけです

なお、WEBアップロードやファックスでの提出が不可能な場合は、カスタマーセンターへ電話で問い合わせてください。

提出する際に必ず必要なのは、本人確認の書類です。

★運転免許証の表裏
★顔写真付きの住民基本台帳カードの表裏
★各種健康保険証の表裏
★個人番号カードいわゆるマイナンバーカードの表のみ。ただし、通知カードは不可
★パスポートの顔写真および住所ページ
★在留カード特別永住者証明書の表裏

上記のいずれかを写真に撮るか、ファックスの場合はコピーして提出してください。

なお、利用限度額が50万円を超える場合には収入証明書も必要になります

給与所得者の場合は以下が収入証明書として認められます。

★源泉徴収票
★確定申告書
★市区町村が発行する所得証明書
★勤続年数が1年未満で上記3点が取得できない方は、直近1ヵ月分の給与明細

給与所得者の方は、上記のいずれかを提出してください。

個人事業主や法人代表者の場合は、以下の書類が収入証明書となります。

★確定申告書
★市区町村が発行する所得証明書

いずれかの提出をお願いします。

本審査

必要書類が住信SBIネット銀行に届けば、本審査が行われます。

このとき、在籍確認のため勤務先に電話が掛かってきます。

その際、担当者の個人名で掛かってくるので、カードローンの申し込みと会社にばれることはありません。

なお、住信SBIネット銀行と名乗るように希望することもできます。

在籍確認が取れなかった場合は、カードローンの申し込みが取り下げられることもあるのでご注意ください。

本審査には1日から数日間かかることがあります

手続き完了のメール

本審査に合格すると、手続き完了のメールが届きます。

カードローン口座が開設され、MR.カードローンの利用が可能になります。

MR.カードローンの借入方法

MR.カードローンでの借入方法は、パソコンやスマホからの借り入れと、提携ATMからの借り入れという2種類があります。

WEBサイトからの借り入れが可能というのは、いかにもネット銀行ならではですね。

MR.カードローンには専用のカードはありません。

したがって、提携ATMからの借り入れには住信SBIネット銀行のキャッシュカードを使用します。

キャッシュカードがない場合は、提携ATMからの借り入れはできませんのでご注意ください。

MR.カードローンの審査に通るために

MR.カードローンは銀行カードローンの中でも金利が低い分、審査は厳しめと言えるでしょう。

それでは、どんな人が審査に有利なのでしょうか。

当たり前の話ですが、長年勤続して安定収入のある人はMR.カードローンに向いていると言えます。

気を付けていただきたいのは、他社からの借り入れが多過ぎると審査に通りにくくなるということです。

MR.カードローンに申し込む際には、他社のローンを整理しておきましょう。

MR.カードローンのメリット

MR.カードローンの最大のメリットは、WEBサイトを利用できる点です。

特にスマホをお持ちの方は、手軽に借り入れができるので、非常に便利と言えるでしょう。

もちろんパソコンからでも利用が可能なので、自宅にいながら簡単に借り入れができます。

これこそネット銀行での最大の強みと言えます。

また、金利の安さも人気の秘密です。

条件付きとはいえ、最も安い金利が年0.99パーセントというのも特筆すべき点でしょう。

さらに、利用限度額が最高1,200万円というのも銀行カードローンの中では突出しています。

MR.カードローンは住信SBIネット銀行が生み出した、インターネット社会に即したカードローンです。

まさしく時代の最先端を走っていると言えるでしょう。

少額の利用から、かなりまとまった金額の借り入れまで、お手軽に利用できるのがMR.カードローンの特色なのです。


住信SBIネット銀行は様々な場面で使えそうな魅力的なカードローンね。

 


とっても利用しやすい分、しっかり返済計画を立てて上手な借入を心がけてね!
即日融資で今すぐお金を借りるなら!?

即日融資で今すぐ借りるカードローン

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

じぶん銀行カードローンの主な機能と申込方法は・即日融資について

バンクイックは即日融資可能?審査レベルや通過するためのポイント

低金利の三井住友カードゴールドローンの審査の内容や即日融資は?