即日融資

専業主婦でも最短30分の即日融資で借りられるカードローンが存在する?

どのカードローンでも申し込み条件には、安定収入のある人と書かれています。

それでは、安定収入のない専業主婦や専業主夫は、カードローンを利用することはできないのでしょうか。

以下は専業主婦と統一して書きますが、配偶者に安定収入がある場合、専業主婦でも作ることができるクレジットカードはありますよね。

専業主婦は会社に行くことがほとんどないので、金融機関が自宅から遠く離れている場合は申し込むのにも不便です。

それでは、来店不要で即日融資可能のカードローンは専業主婦でも大丈夫なのでしょうか。


ウチの母、お洋服とか買ってしまうから毎月の出費が多くて困ってるって相談されたんだけど…主婦が借入するにはどうすればいいかしら?

 


まずは節約じゃないのー? でも主婦が借入できる消費者金融や銀行カードローンって今はいろいろあるのよ!

 


そうなの?おすすめを教えてよ!

専業主婦の前に立ちはだかる、総量規制の壁

以前は、借金をすることは暗いイメージがありましたが、近年ではテレビでもカードローンのCMがお馴染みになりました。

そのおかげで、キャッシングに対して偏見がなくなり、誰でも気軽にカードローンを利用するようになったのです。

しかしその反面、利用者のお金の借り過ぎが大きな社会問題となりました。

カードローンは保証人も担保も不要で簡単にキャッシングできるため、借金をしているという感覚がなくなるので、お金を借り過ぎてしまい破産に追い込まれる人が続出したのです。

そこで2010年、総量規制により年収の3分の1以上の借り入れはできないようになりました。

たとえば年収3百万円の人は、百万円までしかキャッシングできなくなったのです。

それでは、3社から百万円ずつ借りた場合はどうなるのでしょうか。

総量規制では、全てを合わせた借金が年収の3分の1までしか認められないので、このケースでも不可となります。

3社から均等に借りる場合は、約33万円ずつというわけですね。

そこで問題となるのが専業主婦の場合です。

専業主婦は年収が0円です。

0円の3分の1はやっぱり0円、即ち専業主婦はキャッシングができないということになります。

つまり、経過とすれば以下のようになったということでしょう。

★誰でも手軽にキャッシングできるようになった
★借金が簡単にできるため、お金の借り過ぎが問題となった
★総量規制のため、収入のない専業主婦はキャッシングできなくなった

それでは、どんなカードローンでも総量規制の対象となり、専業主婦はキャッシングできないのでしょうか。

それぞれのカードローンの、専業主婦への対応

カードローンには大きく分けて銀行系カードローン、信販系カードローン、消費者金融の3種類がありますが、それぞれの専業主婦への対応を見てみましょう。

消費者金融は総量規制の対象

テレビCMでもお馴染みなのが消費者金融です。

大手消費者金融業者は無人契約機を備え、誰にも知られることなく簡単にキャッシングできますし、申し込みも可能です

しかも消費者金融は、銀行系カードローンや信販系カードローンほど審査が厳しくないというイメージがあります。

来店不要で即日融資も可能と謳っている業者は多いですね。

それでは、審査がさほど厳しくないということは、専業主婦でも申し込むことができるのでしょうか。

残念ながら、消費者金融は総量規制の対象となっているので、安定収入のない専業主婦は申し込むことができません。

理由は前述したとおり、総量規制のため年収の3分の1までしかお金を借りることができないからです。

手軽な印象のある消費者金融ですが、専業主婦にとって即日融資は不可能のようですね。

信販系カードローンは総量規制の対象なの?

それでは、信販系カードローンは専業主婦でもキャッシングできるのでしょうか。

信販系カードローンというのは、クレジットカードなどを発行している信販会社が運営するカードローンです。

実は、信販系カードローンも総量規制の対象となっています。

したがって、専業主婦が申し込むことはできません。

銀行系カードローンは貸付上限を自主規制

消費者金融や信販系カードローンに比べて、審査が厳しいと言われるのが銀行系カードローンです。

ということは、消費者金融や信販系カードローンでも専業主婦は申し込みできないのだから、銀行系カードローンでも不可能と思うでしょう。

ところが、銀行系カードローンだけは、専業主婦でも申し込み可能でした

なぜなら、銀行は総量規制の対象外だからです。

審査が厳しいとはいえ、専業主婦でも申し込むことはできたわけです。

しかし、申し込むことはできたとわざわざ過去形で書いたのは、現在では状況が変わってしまったからです。

2017年4月以降、メガバンクは貸付上限に関して自主規制を行い、消費者金融や信販系カードローンと同じく年収の3分の1までしかキャッシングできなくなりました。

そのため現在では、専業主婦はメガバンクなど大手銀行のカードローンには事実上申し込みができなくなったのです。


残念…主婦は大手銀行に申し込めないのね。

 


主婦層の無計画借入による破産事故の多発が、融資の自主規制につながったのよ。

 


あらやだ、そんな理由があるのね。ところで、大手以外の銀行はどうなっているの?

専業主婦でも申し込み可能な銀行系カードローン

消費者金融、信販系カードローン、銀行系カードローンの全てが駄目ということは、専業主婦はカードローンの申し込みが不可能なのでしょうか。

そこで、前項の文章をもう一度読み返してください。

銀行系カードローンはあくまでも自主規制です。

メガバンクなど大手銀行は自主規制に乗り出していますが、銀行は大手だけではありません

それでは、専業主婦でも申し込み可能な銀行系カードローンを見てみましょう。

専業主婦でも申し込みできる地方銀行カードローンがある

銀行は、いわゆる大手と呼ばれる都市銀行の他に、地方銀行もあります。

全国展開する都市銀行と違い、地方銀行は地域密着型の銀行です。

地方銀行の中には、貸付上限の自主規制を行っていない銀行もあります。

そんな地方銀行では、カードローンの申し込みが専業主婦でも可能となっている銀行が少なくありません。

もちろん、申し込みがWEB完結に対応している地方銀行もあります。

つまり、来店不要というわけですね。

ただし、地方銀行ではその地域の住民しか利用できない場合もあります。

その地方銀行では、どこに住んでいてもカードローンを作ることができるわけではありません。

とはいえ、中には全国対応している地方銀行もあります。

もしお住いの地域の地方銀行で専業主婦対応のカードローンがあればそこに申し込み、なければ全国対応の地方銀行カードローンを探してみてはいかがでしょうか。

専業主婦対応のネット銀行カードローンに申し込む

最近では従来型の銀行と違い、店舗を持たないネット銀行が増えてきました。

最小限度の店舗を構えているネット銀行もありますが、基本的には店舗がないため、利用する際には来店不要です。

しかも、ネット銀行によっては専業主婦でもカードローンに申し込みができます

さらに、ネット銀行は地方銀行と違って全国対応しています。

住んでいる地域にとらわれる必要はありません。

即日融資が不可能な銀行系カードローン

来店不要で専業主婦でも申し込みができる、地方銀行カードローンやネット銀行カードローンは非常に便利ですが、問題がひとつあります。

それは、いずれも即日融資が不可能という点です。

これは地方銀行やネット銀行に限らず、全ての銀行系カードローンに当てはまります。

2018年1月より、銀行系カードローンは即日融資ができなくなりました。

理由は、反社会勢力による銀行系カードローンの利用を防ぐため、警察庁の審査も必要になったからです。

銀行でも審査を行ううえに、警察庁でのデータベース照会の結果は最短でも翌日になるため、銀行系カードローンの即日融資は不可能になったわけですね。

消費者金融や信販系カードローンでは申し込みができず、専業主婦でも申し込み可能な地方銀行およびネット銀行カードローンでは即日融資不可能ということは、どうしてもその日のうちにお金が必要な人はキャッシングの方法がないのでしょうか。

専業主婦が即日融資を受ける方法


お金が必要な時って急ぎの場合が多いのよね!主婦でも即日融資が受けられる方法があれば知りたいわ。

 

 


クレジットカードのキャッシング枠や質屋を利用すれば即現金を手にできるよ!

専業主婦でも即日融資を受ける方法がないわけではありません。

その方法を見ていきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードを持っている人なら、キャッシング枠を利用するという方法があります。

クレジットカードにはショッピング枠の他にキャッシング枠というものがあり、それを利用してお金を借りるというわけですね。

例を示してみましょう。

たとえばクレジットカードのショッピング枠が30万円で、キャッシング枠が10万円だったとします。

この場合、最大10万円まで借りることができるというわけです。

キャッシング枠で10万円使った場合、ショッピング枠は20万円になります。

逆に言えば、ショッピング枠で全額の30万円を使ってしまえば、キャッシング枠は0円になってお金を借りることはできません。

持っているクレジットカードのキャッシング枠を利用するだけなので、来店不要で即日融資も可能というわけです。

ただし、クレジットカードのキャッシング枠は金利が高いうえに、借りることができるお金も少額です。

それに専業主婦の場合、キャッシング枠が設けられないクレジットカードも多く存在しますので、お手持ちのカードをご確認ください。

質屋へ行けば即日融資可能

お金を借りる古典的な方法として、質屋の利用があります。

質屋と言えばかつては行くのが恥ずかしいと思う人が多かったのですが、現在では若い女性でも気軽に利用するようになりました。

その一因となっているのは、質屋はブランド品を換金する場所というイメージが強くなったことです。

専業主婦でも、ブランド品を持っている人は多いでしょう。

どうしてもその日にお金が必要ならば、質屋にブランド品などの品物を持って行けばいかがでしょうか。

質屋なら品物が質草という名の担保になるため、誰でも借金が可能で保証人も必要ありません

持って行った品物を査定してもらい、その分のお金をその場で借りることができます。

返済期限までに、借りたお金に利子を付けて質屋に返すと品物は戻ってきます。

返済期限にお金を返すことができなくても、品物が質流れ、即ち質屋に質草を売ったような結果になるだけです。

借金返済の義務はありません。

借金分のお金が用意できなくても、品物を返して欲しい場合は利子だけを払って質流れを止めてもらう、利上げという方法もあります。

たとえば1ヵ月分の利子を払い、返済期限を1ヵ月伸ばしてもらうというわけですね。

ただし、質屋の金利はカードローンよりも高くなっています。

さらに、質屋とは対面での契約となっているので、来店不要というわけにはいきません。

質屋へ行く必要があります。

もしも売ってしまってもいいような品物ならば、質屋よりも買取店の方が高く売れるでしょう。

配偶者にキャッシングしてもらう

いちばん手っ取り早い方法は、安定収入のある配偶者にカードローンの申し込みをしてもらうことです。

もちろん、その場合は誰にも内緒でキャッシング、ということは不可能ですが。

しかし、最も確実な来店不要の即日融資方法といえます。

夫婦円満のためにも、きちんと事情を話してキャッシングへの理解をしてもらいましょう。

パートの面接を受ける

専業主婦ではカードローンに申し込むことはできなくても、パートやアルバイトなら安定収入と認められるカードローンもあります

まずはパートの面接を受けて、採用されればカードローンの審査に通るかも知れません。

ただし、勤務歴が短いと審査に通る可能性は低いと言えるでしょう。

とはいえ、金融業者によって基準が違いますし、何年も働いた経験がある人なら審査に通る可能性はなくもありません。

しかし、仮に審査に合格しても、多額の融資は望めないでしょう。

審査に通る可能性を高くするためには、借入限度額を低く設定することです。

闇金融やソフト闇金には絶対に手を出さない

配偶者にも内緒ですぐにお金を借りたい場合、闇金融に手を出してしまう専業主婦がいます。

しかし、これは絶対にやめてください。

法外な金利を取られ、配偶者にも余計に迷惑がかかってしまい、家庭崩壊になることは目に見えています。

相手が社会的弱者だからと言って、闇金業者は決して容赦はしません。

暴力も厭わないでしょう。

最近では、暴力的な取り立てを表向きには行わないソフト闇金という業者も増えてきました。

しかし、ソフトという言葉に騙されてはいけません。

表面上ではにこやかなだけで、やっていることは闇金業者と全く同じです。

現在では総量規制や貸付上限の自主規制などが現れて、専業主婦にとってキャッシングのハードルが高くなりました

カードローンでは、来店不要の即日融資は不可能というのが現状でしょう。

しかし、世の中どうにもならないということはありません。

あらゆる手段を講じれば、方法は見つかるものです。

特に専業主婦や専業主夫の方は、独りで悩まず配偶者に相談して理解を得ることが、お金に困ったときでも有効に対処できる最善の方法と言えるでしょう。


主婦でも申し込める借入方法があってよかったわ!早速母に教えてあげなきゃ。

 

 


必ず金利を確認して返済計画を入念に立てること。借りすぎにはくれぐれも注意してね!
即日融資で今すぐお金を借りるなら!?

即日融資で今すぐ借りるカードローン

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

即日融資は無職でも受けられるのか?お金を借りるための方法