即日融資

即日融資が無審査で可能な金融業者は大丈夫なのか?


明日どうしてもまとまったお金が必要なんだけど、実は昔クレジットカードの返済延滞しちゃって!

カードローンの審査に不安があるわけね。

さっき「審査なしですぐ貸します」って広告をネットで見かけたけど、どうなのかしら?

どうしてもお金がすぐに必要なときでも、お金を借りようとすれば金融機関の審査を受けなければなりません

しかし、審査の結果が出るまでには時間がかかってしまいます。

しかも審査に通るとは限りません。

特に、かつて借金をした際に金融機関の信用情報にキズが付いている人、いわゆるブラックリストに載っている人は審査に通る可能性が低くなります。

そんなとき審査なしでその日のうちにお金を貸してくれる金融機関があれば、まさしく地獄で仏と言えるでしょう。

とはいっても、そんなうまい話には裏がありそうで、闇金融ではないかと疑ってしまいますよね。

それでは、無審査で即日融資が可能な金融業者は、本当に大丈夫なのでしょうか。

正規の金融業者で無審査での融資は不可能

かつては銀行でお金を借りるのと違ってサラリーマン金融、いわゆるサラ金と呼ばれる金融業者は高利貸しという悪いイメージがありましたが、現在では気軽にキャッシングできる時代になりました。

そのため、お金を借りるのにもハードルが下がったと言えるでしょう

特に最近では、銀行を含む大手金融業者がカードローンを運営しており、テレビCMにもよく登場してすっかりお馴染みになりました。

ちょっとした買い物でも、手軽にお金を借りてカードローンを利用する人も多いでしょう。

3種類あるカードローン

一口にカードローンと言っても、下記のように大きく3つに分かれます。

★消費者金融
★銀行系カードローン
★信販系カードローン

消費者金融はテレビCMでも頻繁に流れており、ご覧になることも多いですよね。

銀行系カードローンはその名の通り、銀行が運営するカードローンです。

信販系カードローンというのはあまり耳馴染みがないかも知れませんが、クレジットカードを取り扱っているような信販会社が運営しています。

一般的には審査が厳しい順に銀行系カードローン、信販系カードローン、消費者金融となっています。

たとえば銀行系カードローンは審査が厳しいうえに時間がかかり、特に現在では警察庁による審査も必要になったので、即日融資は不可能になりました。

消費者金融は審査が他のカードローンに比べて厳しくないかわりに、金利は高くなっています。

金利は低いけれど審査が厳しいのが銀行系および信販系のカードローン、金利は高いけれど審査はそれほど厳しくないのが消費者金融と言えるでしょう。

消費者金融でも審査は必要

銀行系や信販系のカードローンは審査自体が厳しいのですから、無審査ということは有り得ません。

それでは、消費者金融で審査のない業者はあるのでしょうか。

残念ながら、無審査で融資してくれる消費者金融は存在しません

業者によって審査の厳しさに違いはありますが、必ず審査はあると思ってください。

また、審査を受ける際に嘘の情報を書くのは絶対にやめましょう。

いくら融資を受けたいからといって審査で偽情報を書いても必ずばれますし、場合によっては私文書偽造罪にも問われます。

無審査で即日融資を謳う金融業者は非常に危険

電子メールに知らない業者や人から、無審査で即日融資が可能というメッセージが届くことがあります。

またインターネットの広告で、そのような文言を見たことがある人もいるでしょう。

あるいは、道を歩いていると電信柱にも無審査かつ即日融資と書かれた広告が貼ってあり、そこには携帯電話番号が載っています。

自宅の郵便ポストに、そんなチラシが入っていたという人もいるかも知れません。

本当にその金融業者は、無審査で即日融資をしてくれるのでしょうか。

無審査で即日融資が可能なのは闇金業者

結論から言うと、無審査で即日融資を謳う金融業者は、闇金業者と思って間違いありません。

いくらお金が必要な場合でも、闇金業者からお金を借りるととんでもないことになってしまいます。

人生を棒に振ってしまいかねません。

闇金業者からお金を借りると、以下のようなことが待っています。

★不当に高すぎる金利を取られる
★元金が減らず、借金が雪だるま式に増える
★お金を返させてもらえず、いつまで経っても借金が終わらない
★厳しい取り立てに遭い、家庭も精神も崩壊する

よく金融系の極道映画などで見るパターンですが、決してフィクションではなく現実に起こっていることです。

むしろ映画ではコミカルに描かれている場合が多いので、現実ではもっと悲惨かも知れません。

闇金融による借金地獄のために、自殺に追い込まれる人もいます。

明らかに法律違反の、法外な金利

いくら金利が高くても、どうしてもすぐにお金が必要なので、背に腹は代えられないとばかりに闇金業者からお金を借りる人がいます。

トイチという言葉がありますが、10日につき1割の利子が付くという意味で、明らかな法律違反です。

ちなみに法律では年率20パーセントまでと決まっているので、トイチだと年率365パーセントという法外な金利であることがわかるでしょう

しかもこれは単利での計算で、闇金業者は元金と利子の合計に利子を付けた複利で計算しますから、年率3,142パーセントという途方もない金利になります。

返済期間が短く、元金が減らない

闇金融では返済期間が短いのも特徴です。

たとえばトイチで10万円を借りたとして、返済期限が10日後だったとしましょう。

元金が10万円、利子は1万円です。

借りるときは、1万円なら何とかなると思ってしまいます。

しかし、返さなければならないのは1万円ではなくて11万円です。

10万円に困っている人が、10日で11万円を作るのは簡単ではないでしょう。

しかも、返済期限の10日はあっという間に来てしまいます。

1万円ならなんとかなっても、返すことができるのは利子だけで元金は一向に減らず、借金は雪だるま式に増えて地獄の借金生活がずっと続きます。

借金を終わらせないのが闇金業者の手口

仮に返す当てがあるため、法外な金利でもいいから闇金業者からお金を借りたとしましょう。

そしてお金が用意できたので、返済期日に闇金業者へ電話を掛けました。

ところが、電話には誰も出ません。

あるいは、担当者が不在と言われたりします。

つまり、お金を返したくても返せない状況になるわけです。

これこそが闇金業者の狙いで、そう簡単にネギを背負ったカモを手放したりはしません。

せっかく捕まえた客には借金を返させずに、ずっと高い利息を搾取し続けるのです。

返済期限後にやっと電話が繋がったら、そのときは既に新しい利子が発生しています。

前述したように闇金融の金利は複利なので、元金だけではなく利子にもまた利子が付いてきます。

こうして、ただただ利子を返すのがやっとの生活がずっと続いていくでしょう。

さらに、押し貸しという手口もあります。

借金を申し込んだときには銀行口座まで知られる場合が多いので、勝手にお金を振り込まれて借金させられるのです。

当然、元の借金と勝手に振り込まれたお金を、高額な利息を付けて返せと迫られます。

厳しい取り立てで、まともな生活ができなくなる。

借金苦に喘いでいるときに待っているのは、闇金業者からの厳しい取り立てです。

最初にお金を貸す際にはにこやかな笑顔で接する彼らも、借金を返せなくなると態度が豹変します。

極道映画でもお馴染みの場面ですが、反社会勢力に従事している者が行うのですから、その恐怖は半端なものではありません。

ちなみに、以下のような取り立て行為は法律違反です。

★午後9時から午前8時までの取り立て
★大人数で押し掛ける
★家に貼り紙や落書きなどをする
★勤務先に押し掛ける
★借り入れした本人以外に借金のことを知らせる
★借り入れした本人以外に返済を請求する

しかし闇金業者は、これらのことを平気でします。

電話攻撃もしつこく行います。

また、直接大人数で自宅に押し掛けてきて大声で怒鳴り、近所迷惑にもなるため近隣住民との関係も壊れるでしょう。

もちろん、勤務先へも押し掛けて来るので、職を失いかねません。

こうしてまともな生活ができなくなり、精神的にも参ってしまって、最悪の場合は自殺に追い込まれることさえあるのです

絶対に利用しない、闇金業者への対応策

闇金融の恐ろしさはおわかりいただけたと思います。

それでは、闇金業者に対してはどのような対応策を講じればいいのでしょうか。

闇金業者と正規業者の見分け方


闇金って本当に怖いのね! でも、さっき見た広告も正規大手金融業者そっくりだったの。うっかり騙されないかしら。

正規業社と闇金を見分ける方法は以外と簡単よ!一緒に見てみましょう。

闇金業者と正規業者の見分け方について、そのポイントを以下に記してみましょう。

★貸金業登録番号を調べる
★固定電話番号かどうかの確認
★金利が違法でないか調べる
★無審査で即日融資というのは闇金業者

正規の金融業者には、必ず貸金業登録番号があります。

これを公式サイトで確認してください。

ちなみに公式サイトのない金融業者は、闇金業者です。

公式サイトがあり、貸金業登録番号が掲載されていても偽の番号の可能性があるので、金融庁のサイトで存在する金融業者かどうか調べてみましょう。

また金融業者は固定電話がないと登録できないため、携帯電話番号を広告等に掲載している金融業者は闇金業者です。

090、080、070で始まる電話番号なら、闇金業者と思って間違いありません。

たとえば0905などと4桁で始まる電話番号でも、3桁目で0が入る固定電話は存在しないので、それも携帯電話ではないように見せかけて誤魔化すための手段です。

前述したとおり年利が20パーセントを超えると違法なので、それ以上の金利ならば闇金業者です。

無審査で即日融資という謳い文句も、闇金業者と思ってください。

闇金業者を利用した場合の対処方法

お金に困ってしまい、やむを得ず闇金業者からお金を借りてしまった場合は、どうすればいいのでしょうか。

そのときは、慌てずに以下のような対処をしましょう。

★違法金利の場合は借金返済の必要はない
★弁護士や司法書士に相談する
★警察に連絡する

そもそも違法な金利による借金は法律上、返済義務は生じません。

厳しい取り立てがあると冷静さを失ってしまいますが、何も恐れる必要はないのです。

そして独りでは悩まずに、闇金問題に強い弁護士や司法書士に相談しましょう。

法律のプロが対処してくれます。

最後の手段ですが、あまりにも厳しい取り立ての場合は警察に通報しましょう。

単なる高利貸しなら闇金業者も証拠を残さないようにするので、警察が動いてくれない可能性もありますが、身に危険が及ぶようだと警察に頼るしかありません。

即日融資を受ける方法


とにかく闇金については絶対に利用しないことね。

そうね。けど、なるべく無審査に近い形で借りられる方法はないかしら?
いきなり親類を頼るのは気がひけるし…

大丈夫、そんな場合でも安全な借入の方法はあるのよ。

無審査を謳っている金融業者は闇金業者ということがご理解いただけたでしょう。

したがって、正規業者からお金を借りるためには必ず審査を受けなければなりません。

どうしても即日融資を受けなければならない人は、以下の方法を試してください。

即日融資可能な消費者金融を1社だけ申し込む

即日融資を掲げる消費者金融は、審査に対しても柔軟である業者が多いのです。

その業者に、1社だけ申し込んでください。

複数の業者に申し込むと、返済能力が疑われるので審査に通らない可能性が高くなります。

条件が安定収入ぐらいしかない業者を選び、融資額を低く抑えれば審査に通るかも知れません。

中小の消費者金融に申し込む

消費者金融は、テレビCMを流しているような大手だけではありません。

会社にも大企業と中小企業があるように、消費者金融にも中小の業者があるのです

中小といっても、貸金業として登録しています。

中小消費者金融では、他社の審査に落ちた人でも相談に乗ってくれるでしょう。

中小消費者金融にとって、大手で融資を受けられなかった人も大事な顧客なのです。

安定収入さえあれば、審査が通る中小業者もあります

インターネットで優良な中小消費者金融を探して、申し込んでみてはいかがでしょうか。

その際でも、ソフト闇金と呼ばれる業者は闇金融と同じく違法業者なので、絶対に利用してはいけません。

生活福祉資金貸付制度を利用する

他から借り入れが不可能になった人に対し、その人にとって必要な融資を国が行う生活福祉資金貸付制度というものがあります

保証人がいる場合は無利子、いない場合でも年利1.5パーセントという低い金利で融資を受けることができる制度です。

ただし、多重債務者は利用できないなどの条件があります。

当然、お金を返す見込みがない人は融資してもらえません。

しかし、闇金融に頼るぐらいなら試してみる価値はあるでしょう。

無審査で即日融資という甘言に騙されてはいけません。

うまい話には必ず裏があり、登録されている金融業者で無審査など有り得ないのです。

無審査を謳う金融業者は闇金業者であり、利用すると最後、一生を棒に振ってしまう可能性が高いということを認識しましょう

どうしても即日融資が必要な人は、闇金融以外のあらゆる手段を講じて、決して諦めないでくださいね。


カードローン以外でもお金を借りられる方法がわかってよかったわ!

借入手段をいろいろ知っているといざという時困らなくて済むわよ!
即日融資で今すぐお金を借りるなら!?

即日融資で今すぐ借りるカードローン

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

主婦が土曜日に無審査で即日融資を受けるの無理!?無審査じゃないけど借りられる5社...