即日融資

即日融資は法人が緊急でも対応している?資金繰りに困らないために

テレビを点けると、毎日のようにカードローンのCMが流れています。

それらのCMを見ていると、ほとんどが個人向けのカードローンのように思えますよね。

それでは、法人が緊急に融資を必要としている場合、即日融資に対応している金融機関はあるのでしょうか。

資金繰りに困らないために、できることを考えてみましょう。


会社の資金繰りに困ったとき即日融資を受けられると助かるよね!

 


一般的なカードローンでの借入は事業目的に利用できるのかな?

個人でのキャッシングと、法人が融資を受ける場合の違い

同じ借金でも、個人がお金を借りるときと、法人が融資を受ける場合では条件が違ってきます。

その違いには、どのようなことがあるのでしょうか。

法人が緊急な融資を必要としているとき

個人の場合でも即日融資が必要な人は切羽詰まっているでしょうが、法人の場合はより深刻でしょう。

個人では本人か家族ぐらいにしか責任が及びませんが、法人の場合は自分の家族はもちろん、大勢の従業員およびその家族の責任まで追うことになります。

法人が緊急な融資を要するのは、以下のようなときでしょう。

★社員の給料が払えないとき
★取引先への支払いが滞ったとき
★そのお金がないと会社が倒産してしまうとき

個人での即日融資が必要なときに比べて、法人の場合はとてつもなく大きな事態となることがわかりますね。

法人がどうしてもその日のうちに融資を受けるためには、どうすればいいのでしょうか。

個人向けのカードローンでは、事業資金での使用は不可

法人の場合は普通、銀行から融資を受けます。

しかし緊急を要するとき、銀行では対応してくれない場合があります。

あるいは、銀行からの融資を断られることもあるでしょう。

その場合、思い付くのがテレビCMでもお馴染みのカードローンです。

消費者金融では最短で即日融資を謳っている業者もあり、そこでお金を借りようとする経営者もいるかも知れません。

手軽にキャッシングができるイメージの消費者金融ですが、大きな問題があります。

個人向けのカードローンでは、借りたお金の使用用途は基本的に自由の場合が多いのですが、例外として事業資金には利用できないことになっているのです。

それに、消費者金融や信販系カードローンは総量規制の対象となっています。

総量規制とは、年収の3分の1までしか借り入れできない制度で、お金の借り過ぎにより借金苦に喘ぐ人が続出したため規制が設けられました。

年収の3分の1までということは、法人の融資額としてはかなり少額と言えるでしょう

地方銀行やネット銀行のカードローンでは年収の3分の1以上の借り入れが可能な場合もありますが、即日融資には対応していません。

いずれにしても、個人向けのカードローンでは、法人が即日融資するためには向いていないということです。


個人向けのカードローンは事業に利用できないのね。

 


個人向けカードを事業に転用した場合、確定申告で経費として認められず税金が発生することがあるんだ。

最短で即日融資にも対応するビジネスローン

それでは、法人向けのカードローンはないのでしょうか。

実は、事業資金にも対応するカードローンが存在します。

金融業者によって呼称は違いますが、ビジネスローンと呼ばれる金融商品ですね

それでは、ビジネスローンとはどういうものなのか見ていきましょう。

担保も保証人も不要で融資を受けられるビジネスローン

普通、事業資金の融資を受ける場合は担保や保証人が必要です。

しかし、ビジネスローンは個人向けのカードローンと同じく、担保や保証人は不要なのです。

したがって、個人向けのカードローンと同じような手軽さで、事業資金を借りることができるのがビジネスローンというわけですね。

ただ、法人として申し込む場合は、会社代表者が連帯保証人になる必要があります

連帯保証人がいないと会社が倒産した場合、融資金を回収できなくなるからです。

大手消費者金融なら最短で即日融資

ビジネスローンは、個人向けのカードローンでも有名な消費者金融業者や、事業者向け専門の消費者金融業者が運営している場合が多いでしょう。

銀行が運営するビジネスローンもありますが、それほど積極的ではないようです。

その理由として、銀行にとってはビジネスローンよりも、企業向けには普通に融資したいと考えるからです。

銀行ではビジネスローンを運営していても、普通の融資とどちらが良いか検討するため、審査には時間がかかってしまいます

消費者金融では、特に大手業者が最短での即日融資に対応しているビジネスローンが多いですね。

中小の消費者金融では、即日融資が難しくなっています。

スコアリングシステムが即日融資を可能にする

それではなぜ、大手消費者金融は最短での即日融資が可能なのでしょうか。

それは、スコアリングシステムを採用しているからです。

中小の消費者金融の多くは、アナログ方式の審査です。

スコアリングシステムを導入するためには多額の資金が必要となるので、なかなか採用には踏み切れません。

したがって、審査をするためには経験豊富な担当者が情報収集する必要があるので、どうしても時間がかかってしまうのです。

しかし、大手消費者金融ではスコアリングシステムを利用するので、審査をするためには必ずしも経験者は必要ありません。

いわば機械が自動的に審査をするのですから、時間がかからないわけです。

そのため、大手消費者金融では即日融資可能のビジネスローンが多いということですね。

とはいえあくまでも最短で即日融資可能というだけで、必ず即日融資してくれるわけではありません。

それに、融資を受けるためには審査に合格しなければならないということも忘れないでください。

ただ消費者金融のビジネスローンは、銀行に比べて審査は柔軟だと言えるでしょう。

ビジネスローンは総量規制の対象外

先ほど、個人向けのカードローンは総量規制の対象となっているため、年収の3分の1までしか融資を受けることはできないと書きました。

それでは、ビジネスローンではどうなのでしょうか。

法人が必要な事業資金は個人でのキャッシングと違い、まとまったお金が必要です。

年収の3分の1だと、とても賄いきれません。

ところが、ビジネスローンの場合は総量規制の対象外なのです。

個人向けのカードローンのように、融資額が年収の3分の1に制限されることはありません。

ただし、年収の3分の1を超える場合は、事業計画書の提出を求められる場合があります。

つまり、返済計画をきちんと立てて、それを示すことが必要なわけですね。

法人経営者と個人事業主の違い

事業資金の融資が必要な人としては、主に法人経営者と個人事業主との2種類があります。

法人経営者というのは、株式会社や有限会社などの経営者のことです。

いわゆる社長と呼ばれる人ですね。

一方の個人事業主は、会社などを設立せずに個人で経営している人です。

個人商店などの店主がこれに当たり、自営業者とも言います。

ビジネスローンでは、法人経営者と個人事業主の両方とも申し込むことができる業者もあれば、個人事業主には1年以上の業績がないと融資ができないようになっている業者もあります。

もちろん法人経営者のみのビジネスローンや、個人事業主しか融資してもらえないビジネスローンもあり、申し込む際には注意が必要です。

あるいは、地域密着型のビジネスローンでは、その地域の経営者しか申し込めない場合もあるので気を付けましょう。

申し込みたいビジネスローンの条件をよく読んで、審査を受けてください。


急にお金が必要になった時には確実に即日融資を受けたいよね。

 


特に法人の場合、支払い遅延が倒産を招くこともある。そのために、申し込み時間など気をつけなきゃいけないことが何点かあるんだ。

法人が緊急時に即日融資を受ける方法

法人が即日融資を受けたいとき、ビジネスローンは心強い味方です。

しかし、即日融資を謳っているビジネスローンでも、必ず即日融資を保証してくれているわけではありません

あくまでも最短で、即日融資可能という意味です。

それでは、即日融資を受ける可能性を高めるためには、どうすればいいのでしょうか。

一刻も早くビジネスローンに申し込む

いくら即日融資可能という宣伝文句のビジネスローンでも、夕方に申し込んで即日融資してもらえるわけがありません。

少しでも早く融資を受けたいのならば、すぐにインターネットで申し込みしましょう。

特に振込融資の場合は、銀行の営業時間内である平日15時までの入金が必要です。

もちろん、午前中に申し込めば即日融資の可能性が高くなるのは言うまでもありません。

緊急の際には迷っている猶予はないのです。

即日融資可能と宣伝しているビジネスローンは多いのですが、その中でも審査スピードに注目しましょう。

業者によっては、公式サイトに審査スピード最短××分と書かれています。

各業者の公式サイトを調べ、最も速い審査スピードのビジネスローンに申し込むと、即日融資を受けることができる可能性が高くなります。

書類に不備がないよう、あらかじめ用意しておく

いくら早く申し込んでも、申し込み書類に不備があって審査に通らなければ意味がありません。

迷っている暇がないとはいえ、きちんとした準備は絶対に必要です。

また、仮に審査に通ったとしても、書類の不備により審査時間が長くかかってしまえば即日融資は受けられません。

審査に受かるためにも、返済計画は抜かりなく立てておきましょう。

事業計画書の提出を求められた場合、信憑性のあるプランなら審査に有利となります。

頭を下げて相手に待ってもらう

そもそもビジネスローンだって、前述したように即日融資を保証するものではありません。

当然即日融資が不可となれば、当日に資金を用意できなくなります。

それならば、まずは相手に支払いを待ってもらう努力をすればいかがでしょうか。

もちろん、待ってもらうことは相手に多大な迷惑をかけますし、会社の信頼を失墜しかねません。

それでも必ず支払うと約束したにもかかわらず、それを果たせなかったときのダメージの方が遙かに大きいのです。

相手に納得してもらえなければ、最後の手段としてビジネスローンに賭けることになっても仕方がありません。

しかし相手が支払いを待つことを了承したうえで、ビジネスローンでの即日融資が成功して期日に支払うことができれば、相手が文句を言うことはないでしょう。

相手にお願いもせずに、いきなりビジネスローンでの即日融資に頼るのは、いかにもギャンブル的だと言えます。

他にも、付き合いのある会社に頼んで、資金調達をするという方法もあります。

親しい経営者なら事情もよくわかっているので、助けてくれるかも知れません。

それらの努力をして、駄目だった場合には、最後の切り札としてビジネスローンを活用しましょう。

資金繰りに困らないための方法


緊急時に有効な借入方法はわかったわ。でも、いざという時冷静に対応できるか心配!

 

 


日頃からリスク対策をしておくと緊急時に慌てずに済むよ。では、いくつかの方法を見ていこう。

経営者にとって、資金繰りは頭の痛い問題です。

即日融資を受けるために、ビジネスローンを利用しなければならないこともあるでしょう。

それでは、資金繰りに困らないためには、どうすればいいのでしょうか。

金利が高いビジネスローン

ビジネスローンは審査スピードが速く、業者によっては最短で即日融資してくれます。

しかも無担保の保証人なしでお金を貸してくれるのですから、緊急にお金が必要な法人にとっては救世主のような存在でしょう。

しかしその反面、ビジネスローンは金利の高さがネックになります。

銀行の金利に比べれば、高いことは否めません。

ビジネスローンは銀行よりも審査が速くハードルが低いとはいえ、ビジネスローンに頼っていると高い金利のためにジリ貧に陥ってしまう可能性があります。

その場しのぎでビジネスローンばかり利用していれば、いずれ倒産の憂き目を見ることになるでしょう。

人間というのは楽な方に流されがちですが、当然その代償も大きくなることを肝に銘じてください。

ビジネスローンはワンポイントリリーフ

事業資金の調達は、やはり金利の低い銀行からの融資をメインとしましょう。

ビジネスローンはあくまでもサブ的な存在です。

野球に例えるならば、銀行は先発投手で、ビジネスローンはワンポイントリリーフといったところでしょうか。

ビジネスローンを繋ぎの役割として利用するわけですね。

1試合を完投させることはできないけれど、ここぞという大ピンチで力を発揮するのがビジネスローンです。

短期利用こそがビジネスローンの真骨頂と言えるでしょう。

ビジネスローンの活用方法は、以下のようなイメージでしょうか。

★普段の資金調達は銀行からの融資
★資金繰りに困った場合は、支払いを待ってもらう
★それでも駄目な場合は、付き合いのある会社に融資を頼む
★最後の手段として、ビジネスローンを利用する

もちろん、ビジネスローンを利用する際にも、緊急時に対応できるように事業計画は立てておかなければなりません。

常に先手を打っておくことが、資金繰りに困らないためのコツです。

経営では、即日融資が必要な状態に陥らないようにするのが理想です。

しかし厳しい世の中で、いつも上手くいくとは限りません。

緊急時には、即日融資を受ける必要に迫られることもあるでしょう。

そんなときでも困らないように、対応する準備を万全にしておくことです。


法人の借入に役立つ方法が沢山あったわ。

 


ここまで見てきた方法を組み合わせることで確実に資金難を乗り切れると思うよ!!

 

即日融資で今すぐお金を借りるなら!?

即日融資で今すぐ借りるカードローン

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

クレジットカードで即日借入が可能!? 融資3パターンを徹底比較&口コミ検証も!!

銀行でお金を借りる方法について・メリットとデメリットを確認