即日融資

もう怖くない!自己破産を乗り切る3大方法は? 破産でも即日融資

借金をしすぎてしまい多重債務となった場合、自己破産などの債務整理が必要になるかもしれません

自己破産にはどこか悪いイメージがあり、即日融資の審査に悪く影響すると考える人もいるでしょう。

しかし自己破産を乗り切りつつ即日融資の利用を目指す方法もあるため、今回は債務整理に関する情報を紹介します。


きっと自己破産だけは避けたい!という人も多いですね!?

債務整理によってどんな影響がでるのか見てみましょう♪

債務整理成功術を徹底解説!!

多重債務にならないためには、カードローンなどは計画的に利用することです。

しかし利用限度額が予想以上に多かった場合、調子に乗って使いすぎてしまうという人もいるでしょう。

現実的に返済できる金額の範囲内であれば良いですが、それを超えてしまうと返済が大変になります。

もし破産してしまった場合、その後に即日融資を受けることができなくなるでしょう。

合法的な銀行やその他の金融業者は必ず審査を行うため、金融事故に関する情報がバレてしまうためです。

借金があるのであれば現実的なことを考えて、返済や減額ができないかをチェックしてみてください。

しかし正しい手順を踏んで債務整理を行えば、融通の利く業者であれば即日融資に対応してくれるかもしれません。

そのために自己破産を乗り切る上で重要な3大方法と、闇金業者による罠について情報を取り上げます。

借金でトコトン困窮してしまったら…

最初は少額であっても使い勝手の良さなどから、ついつい借りすぎてしまうこともあるでしょう。

借金をすることは絶対に悪いというわけではありません。

しかし困窮してしまう人も存在するため、無計画に利用しないことをオススメします。

もしトコトン困窮してしまったら、まずは誰かに相談してください。

一人に悩み続けていても債務がなくなるわけではないため、何もしないよりもまず相談することには意味があるのではないでしょうか。

借金の金額にもよりますが、一人では返済できないような額に悩んでしまう人もいるかもしれません

相談することで精神的にもスッキリし、この先どうすべきかを考えられるようになるかもしれません。

家族や友人に相談することに後ろめたさを感じるのであれば、法テラスなどの機関を利用すると良いです。

とにかく一人ではないことを理解し、現状を冷静に考えるようにしてください。

「無審査、即日融資」など闇金の誘いに注意!

債務整理が必要なほど借金に困窮している人にとって、返済のためにお金がすぐに用意できることは嬉しいものかもしれません。

銀行カードローンには審査スピードが早く、土日に利用しても即日融資を受けられる場合もあります。

それよりもさらに条件が優れたものとして、無審査かつ即日融資というものもあります。

しかし合法的な業者はきちんと審査を行うため、無審査であることをアピールするのは闇金と言えるでしょう。

闇金や利用者を募集するために、無審査や即日融資などを武器として騙そうとするのです。

即日融資だけなら怪しくありませんが、闇金の場合は他にも利用しやすいような条件を付けます。

たとえばブラックリスト入りでもOKなどというアピールがあれば、利用しないことをオススメします。

闇金のお金で債務の返済をしたとしても、執拗な嫌がらせ行為により精神的に苦しむことになるでしょう。

債務整理は怖くない!?役立つ情報を徹底紹介!!

仕事をしてかつ節約をして返済を続けようとしても、様々な事情から生活に余裕がなくなる人もいるでしょう。

どうしても余裕を持って返済できそうにない場合、債務整理という方法もあります。

債務整理とは返済義務をなくしたり、返済期間に猶予を持たせるために手続きのことです

借金の苦しみから解放されるために、法律の専門家と相談して対応を決定します。

対応に当たる法律の専門家ですが、借金トラブルに強い弁護士や司法書士です。

法律事務所などが無料で相談を受け付け、必要な手続きを進めるサービスを行っている場合もあります。

100パーセント成功するわけではありませんが、債務整理により生活が楽になる人もいます。

返済のために生活の質が落ちているのであれば、早めに債務整理をして改善を目指した方が良いでしょう。

この財務整理の中では、自己破産が最もメジャーではないでしょうか。


債務整理にもいろいろあるけど、どう違うんですか!?

借金が減少するか、あるいは消滅するか等の違いがあるのよ!まずは自己破産から見てみましょう。

自己破産とは? 何が免責されるの?

たとえば100万円以上の借金がある場合、人によってはなかなか返済できないこともあるでしょう。

返済できたとしても期間が長引いてしまい、完済するまで生活の質が落ちてしまう可能性もあります。

本当に金銭的に余裕がなく何かと困っている場合、自己破産の手続きを進めれば借金の支払い義務が免責される場合もあります

収入や財産が十分ではなく返済の見込みがない状態を、法律の世界では支払不能と言います。

裁判所に認められれば借金を返済する必要がなくなるため、その後の収入で生活を営めるようになるでしょう。

自己破産後に財産を回収されてしまいますが、家具などの生活に必要なものは残しておくことができます。

手続きをしてもすべてを失うわけではないため、借金をリセットして生活の質の向上が目指せるというメリットがあります。

返済義務が免責される最終手段として、自己破産があることを覚えておきましょう。

社会的信用への影響

自己破産をするということは、借金などの金銭トラブルがある証拠と言えるでしょう

たとえば家族や友人、仕事の仲間などに自己破産をしたことがバレた場合を考えてみてください。

それらの人たちが自己破産に対してマイナスなイメージを持っていれば、悪く思われてしまう可能性もあります。

社会的信用への影響はまったくないとは言えないため、自己破産は弁護士や司法書士と相談した上で慎重に考えることです。

また自己破産の手続きを進めると、ブラックリスト入りという状態になります。

実際にブラックリストというものがあるわけではありません。

金融機関の個人信用情報に登録された状態のことを言いますが、5年から10年ほど新しい融資を受けられなくなるというデメリットがあります

個人の信頼に影響を及ぼすものの、品物の購入や賃貸借契約などは問題なく行えます。

家族への影響

もし家族と同居している場合、自己破産により迷惑をかけてしまうかもしれません。

自己破産をしてもすべての財産を失うわけではなく必要なものは残すことができますが、持ち家や自動車などの価値のある財産は別です。

財産を債権回収に充てることができるため、差し押さえの対象となります。

持ち家であればそこに住むことができなくなるため、引っ越さなければなりません。

自動車も亡くなってしまえば出かけるときに不便となり、通勤通学時にも困るのではないでしょうか。

また配偶者がいる場合ですが、その配偶者が保証人でなければ特に心配はありません。

立替えや一括請求をされるなどの直接的な影響はないため、配偶者が責任を感じることはないでしょう。

ただし夫婦の共有財産がある場合、債権回収のために処分しなければならなくなるため要注意です。

自己破産は家族にも影響を及ぼす場合もあるため、よく覚えておきましょう。

就職への影響は出る?

過去に自己破産をした経験があることを理由に、就職にネガティブなイメージを持つ人もいるかもしれません。

しかし自己破産をしても就職には直接的な悪影響はないため、安心してください。

自己破産に関する情報は外部に漏れないよう、厳重に管理されているためです。

面接を受ける際に自己破産の事実を履歴書に書く、また担当者に告白するなどがなければバレる心配はないでしょう。

ただし就業制限が存在し、特定の職業に就けないというデメリットが存在します。

弁護士や税理士などの士業、警備員や生命保険募集人などに就けなくなるため注意してください。

就職ではなく転職にも影響するため、自己破産はタイミングをよく考える必要があります。

ただし就業制限は自己破産の手続き期間中のみであり、免責が認められれば再びその職業に就くことが可能です。

手続きは3ヶ月から6ヶ月かかると言われているため、期間中は我慢しましょう。

住民票などへの影響、官報には載る?

自己破産後をしたからといって、住民票や戸籍にその事実が掲載されることはありません

何かの申し込みのために住民票や戸籍のコピーを提出する場合、自己破産の情報が掲載されていれば相手にバレてしまいます。

しかし実際にはそのような心配はないため、直接的な影響はないと考えてください。

自己破産の情報は官報という国発行の新聞に掲載されます。

官報には一般国民に対して知らせる事項が編集された情報が掲載され、刊行は毎日行われています。

そして官報は特定の職種以外の関係者は、ほとんど閲覧しないと言われています。

上記で就職への影響はないと説明しましたが、官報の閲覧者が限られているためです

一般の新聞とは役割や記事の内容が異なり、ネット上で話題になるような面白い情報がチェックできるわけではありません。


自己破産は怖いイメージでしたが、実際デメリットも大きいですね。

その他の債務整理について見て破産と比較してみるわね!

その他にも債務整理の手立てがある

自己破産にはメリットだけではなく、デメリットも存在します。

デメリットの方を気にしてしまい、なかなか自己破産の手続きができないという人もいるかもしれません。

しかし自己破産はあくまでも多重債務者の手段の一つであり、それがすべてではありません。

債務整理には大きく三種類あり、自己破産以外の方法にも生活の質を向上できる可能性があるのです。

自己破産のデメリットを考えれば、他の二種類を選んだ方が結果的に良くなるかもしれません。

手立てが複数あり自分の都合の良いものを選べると考えれば、債務整理についてポジティブになれるのではないでしょうか。

債務整理に関する知識がない人は、弁護士や司法書士に相談する前に基本的な内容を勉強しておくことをオススメします

その勉強のために二種類の債務整理について簡単に説明するため、是非ともチェックしてみてください。

個人再生

裁判所を介して債務の減額を実現させ、借金の苦痛を制限させる方法が個人再生です。

自己破産のように返済義務がすべて免責されるのではなく、あくまでも減額して返済するところがポイントです。

裁判所に申立書を提出しなければならないため、必要な資料を集めるなどの手間がかかります。

しかし律に則った上で負担を圧縮できるため、弁護士や司法書士に依頼すれば成功率が高くなります。

借金の総額によって減額内容は異なりますが、最大で5分の1まで減額できると言われています。

たとえば多重債務に陥り600万円の借金をしてしまった人が、法律事務所に依頼して個人再生の手続きを依頼した場合です。

5分の1まで減額することができれば、借金の総額は120万円となります。

その120万円を3年から5年にかけて分割で返済し、480万円に関しては返済義務がなくなるのです。

任意整理

裁判所を介するのではなく貸金業者と交渉を行い、借金の減額を目指す方法が任意整理です。

債務額全体を減らして月々の返済にかかる負担を減額すれば、今現在よりも負担が小さくなるでしょう。

ただし業者と交渉を行うことに、抵抗を感じる人もいるのではないでしょうか。

借金をしておいてその額を減らせと相手に要求することは、あまりにも虫が良すぎるかもしれません。

しかし弁護士などの法律のプロが代理人となれば、業者も和解のために協議に応じてくれる場合もあります。

任意整理によって減額できるのは、利息制限法で定められた利率より高い利息の借金です

借入額が10万円以上で100万円未満の場合、18パーセントとなります。

住宅ローンや自動車のクレジットはこれに満たないため、任意整理はできません。

また交渉や取引内容によっては、借金を0円にできる可能性もあるのです。

自己破産との違いは?

紹介した二種類と自己破産の違いですが、返済義務がなくなるかどうかです。

自己破産は裁判所から免責されれば、返済義務そのものがなくなる手続きです

しかし個人再生と任務整理はあくまでも減額のための手続きであり、都合良く借金がなくなるわけではありません。

また手続き後の財産ですが、自己破産は債権回収のために持ち家や自動車を失うことになります。

個人再生と任意整理の場合、財産を手放す必要はありません。

そしてこの中で官報に掲載されるのは自己破産と個人再生であり、任意整理は対象外となります。

同居する家族にバレるかの違いですが、自己破産であれば差し押さえの影響があるため可能性が高いでしょう。

しかし他の二種類は法律事務所を利用したことに気付かれないようにすれば、秘密にできるかもしれません。

保証人が追うべき責任ですが、任意整理以外は支払い義務があります。


ふむふむ、まずは任意整理から考えるのがよさそうですね。

任意整理では債務整理に強い弁護士事務所の利用がおすすめよ♪

債務整理に強いオススメ弁護士事務所を紹介!

日本国内には多数の弁護士事務所がありますが、その中でもオススメなのがアディーレ法律事務所です。

動画サイトやテレビCMで広告が流れているため、見たことがある人もいるでしょう。

債務整理の実績が豊富であり、過払い金請求にも積極的です。

たとえば大手業者から回収した過払い金の総額ですが、2,146万円以上というデータがあります。

借金に関する相談実績も豊富であるため、悩みがあれば是非とも利用してみてください。

サービス性に優れているという意味では、東京ロータス法律事務所もオススメです。

借金問題や債務整理に関する相談は、何度でも無料です

名前の通り東京にある弁護士事務所ですが、メール相談や土日対応もあるため人気があります。

弁護士には守秘義務があるため、相談内容が他にバレてしまう心配はありません。

無料で相談できるため、リラックスして利用できるのではないでしょうか。

5年後の失敗を防ぐ4つのコツ

最後に5年後の失敗を防ぎたい人のために、4つのコツを紹介します。

借金で何か問題があれば、それは今だけの問題ではありません。

5年後に何かしらの影響がある可能性もあるでしょう。

債務整理をして借金をリセットもしくは減額すれば、新しいスタートを切れるでしょう。

しかし再スタート後に同じ失敗を繰り返してしまえば、わざわざ時間をかけて債務整理をする意味はあるのでしょうか。

同じ失敗を繰り返さないようにするためには、4つのコツを是非とも理解しておいてください。

特に金融について正しい知識を身につけておけば、弁護士や司法書士に頼らずとも自分自身である程度対処できるようになるでしょう。

借金の苦しみから解放されれば、今が良ければそれで良いと考えない方ことをオススメします。

では4つのコツがどのようなものは、一つずつチェックしてみましょう。

破産は5年後の再スタートから本番

自己破産後のスタートには、決まりはないかもしれません。

何をもって再スタートとするかは人それぞれであり、中には債務整理をゴールと考える人もいるでしょう。

たとえば裁判所に認められて自己破産となった場合、借金の返済義務がなくなり毎月の負担は大幅に軽減されるはずです。

しかし免責されたとしてもその後には自分の新しい生活が待っており、仕事をして収入を得なければならないでしょう。

借金の苦しみから解放されたとしても、再び同じことになったら自分自身の社会的評価を落としてしまう可能性もあります。

そのため5年後の再スタートからが本番と考え、油断せずに人生のプランを立てることが重要です

自己破産後は状況によって差はあるものの、再び融資を受けるためには5年ほどかかる場合もあります。

5年後というタイミングに重要な契約があると考え、危機感を持つことです

自己破産後でも即日融資の審査を受けられる?

すぐにお金を使いたい人にとって、即日融資は便利なサービスと言えるでしょう。

イメージ戦略を重視する大手業者などは審査も厳しく、自己破産後の即日融資は厳しいかもしれません

しかし中小業者であれば柔軟性が期待でき、無審査ではないものの即日融資ができる場合もあります。

中小業者の審査基準が甘いというわけではありませんが、中には自己破産後でも利用できると有名なものもあります。

まずは中小業者の情報を収集し、公式ホームページや口コミサイトなどをチェックすることをオススメします。

自分に合っているか、無理なく返済できるか、などをポイントにしてみてください。

安定と信頼を考えれば開業されて間もないところよりも、ある程度開業歴があるところをおすすめします。

中には即日融資の審査は可能でも、土日対応ではないところもあります。

24時間受付のところも限られているため、業者選びは重要です。

いざというときに使える!「緊急小口貸付制度」とは

緊急小口貸付制度ですが、生活福祉資金貸付制度と呼ばれる場合もあります。

金銭的に余裕がない低所得者や高齢者、障がい者の生活を経済的にサポートすることが目的です。

在宅福祉及び社会参加の促進を図るための貸付制度であり、都道府県社会福祉協議会が実施主体となります。

窓口は各都道府県の市区町村社会福祉協議会にあり、介護サービスが受けられることも特徴です

銀行カードローンなどで即日融資などを受けるためには、審査をクリアする必要があります。

緊急小口貸付制度の場合、貸付対象と認められれば利用可能となります。

たとえば低所得者の場合、資金の貸付けと必要なサポートがあれば独立自活できると認められる必要があります。

そして資金を他から借りることが困難と認められれば、対象となります。

銀行や業者から融資を受けられないのであれば、いざというときの手段だと覚えておきましょう。

正しい金融知識を身につけて身を守る

金融知識を身につける方法ですが、まず基本的な内容で構わないため勉強を始めることです。

基本的な内容であればネットや本などを使い、コツコツと勉強できるのではないでしょうか。

たとえば債務整理に関しても、基本的な内容であればすぐに理解できるかもしれません。

債務整理のメリットやデメリットだけではなく、実際に手続きを行った人のその後の生活をチェックすると良いです

金融に関する基礎知識をマスターしていれば、いざというときに余裕を持って行動できるでしょう

そもそも危険性を理解していれば、借金をしたとしても無理をしないようになれるかもしれません。

また正しい金融知識を身につけるためには、独学では足りないかもしれません。

ファイナンシャルプランナーや各業者が講演イベントを開催し、無料で参加できる場合もあります。

まとめ

債務整理に関する内容や即日融資との関係をまとめましたが、参考になりましたでしょうか。

借金の返済ができそうにない場合、法的に求められた制度があると理解しておくと良いでしょう

しかし100パーセント成功するという保証はなく、減額も希望通りにならない場合もあります。

返済義務に関してはきちんと守る必要があるため、債務整理を過信せずいざというときのためのものだと考えてください。

たとえば100万円の借金がある場合、それをすべてなくそうと考えない方が良いかもしれません。

100万円から50万円に減額されただけでも、かなり嬉しいことではないでしょうか。

何事も現実的に考えた方が、成功しやすいのかもしれません。

様々な情報を踏まえた上で安心できる業者を探し、計画的に利用すると良いです


破産しか知らなかったけど、いろんな救済措置があるんですね!

債務整理中は、少しでも早く生活を立て直す事をメインに考えてね!
即日融資で今すぐお金を借りるなら!?

即日融資で今すぐ借りるカードローン

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事がありません。