即日融資

クレジットカードで即日借入が可能!? 融資3パターンを徹底比較&口コミ検証も!!

お金を借りる方法はたくさんありますが、中でもクレジットカードのキャッシングは敷居も低く利用しやすいため、人気があります。

この記事では、クレジットカードのキャッシングに於いて、即日融資が可能な3パターンについて分かりやすくご説明します。

また具体的な業者を挙げ、それについて口コミを用いた検証も行います。

クレジットカードでお金を借りる

クレジットカードと聞くと、普通はショッピング等の決算専用として考える方が多いと思います。

しかし、ほぼすべてのクレジットカードにはショッピング枠とは別にキャッシング枠が用意されており、これを利用することによって直接現金を借り入れることが出来るのです。

これがクレジットカードのキャッシングと呼ばれるもので、予定外の出費で現金が足りないといった時には重宝します。

利用方法も非常に簡単で、コンビニに設置されているATM等からいつでも借り入れることが可能です。

明日、急に現金が必要になった、という場合でも対応可能なため、使い勝手は非常に良いと言えるでしょう。

ただし、キャッシングしたお金には金利が発生しますから、借り入れる前に返済計画を立て、できるだけ早めに完済できるよう心がけましょう。

返済期間が長引けば、それだけ多くの金利を払わなければいけません。

キャッシング枠の利用には審査が必要

上の項では、ほぼすべてのクレジットカードにキャッシング枠が付帯しているとお話ししましたが、すべて自動で付帯するわけではありません。

新規契約、または既に持っているクレジットカードにキャッシング枠を追加したい場合は、別途で審査を受ける必要があります。

審査を通過する条件はカード会社によって細かに設定されていますが、共通する前提事項として自身の収入がある人に限られます

つまり、収入の無い専業主婦や学生は、キャッシング枠に申し込んでも審査を通過できない可能性が高いということです。

またアルバイト等で収入があっても、18歳に満たない未成年は問答無用で審査に通りませんから、高校卒業まで待つ必要があります。

キャッシング枠で借りられる上限金額としては、年収の3分の1までと法律で定められています。

年収が300万円の人であれば、100万円までしか借入できません。

ただし、すでにほかのクレジットカードで年収の3分の1キャッシングを行っている場合は、それも考慮され審査に通りませんから注意が必要です。

キャッシング枠で借りるメリット

ではクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りるメリットとしては、どのようなものが挙げられるでしょうか。

具体的にみていきましょう。

上の項でも少し述べましたが、クレジットカードでのキャッシングは24時間365日、いつでも利用できます。

借入はもちろん、返済もATMから行うことが出来るため、極力負担を感じずに利用することが可能です

必要な時に必要なぶんだけ借りられるというのは、大きなメリットと言えるでしょう。

またこのメリットが通用するのは日本国内だけではありません。

海外のATMでも日本とほぼ同じ感覚で利用することができます。

通常、日本円を外国の通貨に交換する際は別途手数料が必要になりますが、キャッシングであれば現地ATM手数料のみで海外の通貨を利用することが可能です。

海外出張や海外旅行の多い方にとっては魅力的と言えますね。

キャッシング枠で借りるデメリット

キャッシングのメリットについては上の項でお話した通りですが、デメリットも存在します。

手軽だから、簡単だからという理由でデメリットに目を向けず利用していれば、思わぬ失敗を産むかもしれません。

キャッシングは便利な反面、便利すぎてお金を借りているという意識が希薄になりがちであるというデメリットを抱えています。

キャッシュカードで自分の口座から現金を引き出しているような錯覚を覚えてしまうのが主な原因です。

また、キャッシングは基本的に長期的かつ多額の借入には向いていません。

すぐ返せる見込みのある少額を、短期間で完済するという使い方を前提に設計されているためです。

そのため、一括での返済が難しいような借入はキャッシングすべきでないと言えます。

万が一延滞してしまえば、信用情報機関に事故情報として登録され、以降ローン等の審査に引っかかりやすくなってしまいます

キャッシングを行う際はこのようなデメリットもしっかりと把握したうえでの利用を心がけましょう。

利率と返済の方法は?

キャッシングは手軽ですが、お金を借りているという事実には変わりないため、必ず金利が発生し、また返済も必要です。

金利についてはカード会社ごとに違いますが、おおむね年率3パーセントから18パーセントです。

下限と上限の差がかなり開いていますが、基本的に100万円未満の借入であればどの会社でも上限の18パーセントが適用されます。

たとえば実質年率18パーセントで5万円を借入し、6か月で完済した場合、総額は税抜き53,436円となり、3このうち3,436円が金利という計算になります。

当然、元金が大きかったり、返済期間が長引けばそれだけ利息も高くなりますので注意が必要です。

次はキャッシングの返済方法についてご説明しましょう。

多くのカード会社で採用されている方法は、自動引き落としとATM振り込みです。

また、インターネットを利用してオンライン上での返済を可能にしている会社も存在します。

オンライン返済を行う場合はネットバンキングの登録が必須になりますが、その分管理が楽になり、返済忘れも防ぐことができるため便利です

返済方法は、自分に適したものを選ぶとよいでしょう。

キャッシング枠での即日融資に対応したクレジットカード

この項では実際に、キャッシング枠を利用して即日融資を受けられるクレジットカードについてみていきます。

たとえば今現在持っているクレジットカードにキャッシング枠が付帯している場合は、即日融資が可能です。

コンビニATMを利用すれば、24時間365日融資を受けることができます。

ただし、キャッシング枠の付帯したクレジットカードを持っていない場合は、即日融資は難しくなります。

カードそのものが即日発効に対応しているものであれば、キャッシング枠ではなくショッピング枠を申込日当日に利用することは可能です。

いざというときのため、キャッシング枠の申込はあらかじめ済ませておくと良いでしょう。

カードローンとの比較

お金を借りる、ということでキャッシングと同列で語られることの多いカードローンですが、具体的に両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

カードローンとは現金を貸し出す代わりに、利息や手数料を受取り金融会社の収入とする金融商品です。

借入額は数万円から数百万と幅広く、基本的に分割での返済を前提としています。

分割でなければ利息が発生しませんから、当然と言えるでしょう。

クレジットカードにおけるキャッシングもほぼ同じ意味で、違いと言えば金利や借入額です。

たとえば銀行系カードローンの場合、利息は2パーセントから15パーセントであるのに対し、クレジットカードのキャッシングは3パーセントから18パーセントです。

借入可能額はカードローンで上限数百万円、キャッシングであれば平均で上限50万円から100万円といったところです。
カードローンは多額の借入に対応できるぶん金利が安く、キャッシングは小口の借入に向いている分金利が高め、と覚えておくと良いでしょう。

カードローン各社は即日融資に積極的

銀行カードローンは、2018年の法改正により即日融資が廃止されました。

というのも、総量規制の範囲を超える融資がされていたり、暴力団関係者への融資が長年問題視されていたからです。

総量規制の範囲を超えた貸付は、多重債務者や自己破産者を量産するのみで、これは国の望むところではありません。

このような背景があり、銀行カードローンは即日融資を撤廃しましたが、大手消費者金融はまだ即日融資に積極的です。

独自のシステムを構築することで審査をスピーディに行い、即日融資を実現しています。

会社によっては、WEBからの申し込みで最短1時間という驚きのスピードで借入を行うことが可能です

即日融資を望む際は、金利やサービスを選考したうえで消費者金融を利用するのが良いでしょう。

融資スピードに定評あるカードローンを紹介

たとえ急ぎでなくても、融資は早い方が得です。

この項では、融資スピードに定評のあるカードローンを一社、ご紹介します。

福岡県博多区に本社を構える小規模金融会社スカイオフィスでは、即日融資かつ全国対応を謳っています。

審査時間は最短30分で、借入限度額は50万円まで、実質年率は15パーセントから20パーセントとなっています。

小規模会社に多い小口貸付専門、限度額が低く金利は高めの会社と言えるでしょう。

ただし、大手ではない金融会社で即日融資を売りにしているところは多くありません。

ほとんどの小規模金融会社では融資までに1週間以上を要することもありますから、スカイオフィスの融資スピードはずば抜けて早いと言えるでしょう。

注意点としては、本社が福岡のため遠方に住む人は即日融資に対応しづらいという点が挙げられます。

ただし2回目以降の利用であれば、遠方に関係なく即日融資を受けることが可能です。

カードローンで即日融資を受けるメリット

この項ではカードローンで即日融資を受けるメリットについてお話します。

即日というのはそのまま、思い立ったその日にお金を借りられることを意味します。

急に体を壊して医療費が必要になってしまった場合や、必要なものを今日、明日までに用意しなければいけなくなった時に役立ちます。

また近年では、スマートフォンを使って審査を受け、融資を受けることができるため、多忙で会社や自宅から出る暇が無いという方も安心です。

即日融資を売りにしている消費者金融はたくさんあり、どれも審査時間は長くて30分、短いところでは15秒と驚きのスピードを実現しています。

カードローンで即日融資を受けるデメリット

メリットと共に、カードローンの即日融資が持つデメリットについてもお話ししましょう。

真っ先に挙げられるのは、金利の高さです。

銀行のカードローンの場合、上限金利は15パーセントですが、即日融資可能な消費者金融の場合は18パーセントまで上がります。

住宅ローンや自動車ローンと比べても、非常に高いことが分かります。

月々の返済額を抑えるためにリボ払い等の返済方式を選択しても、返済期間が長引けば長引くほど金利が膨れ上がります

無担保、無保証の点を考慮すれば、少々高い金利設定は仕方ないと言えるでしょう。

また、簡単に借りられるという事は、それだけ借入が常習化しやすいということでもあり、きちんとした返済計画を立てないまま利用するのは危険です。

消費者金融で即日融資を受ける場合は、あくまでも少額を、できるだけ早く完済するという意識を持ちましょう

無利息で未来の給料を現金化!!給与ファクタリングとは?

近年、新しい借入の方法として給与ファクタリングと呼ばれるものが現れました。

ファクタリングとは、別名「売掛金買取」とも呼ばれ、将来的な売上を前倒しして現金を手に入れるという仕組みです。

そうなると必然的に売掛金を持つ法人、または個人事業主が利用対象となり、会社員等の個人は対象外とされていました。

しかし会社に属するサラリーマンでも、給料債権を取引することで、未来の給料を現金化することができるようになりました。

入金が約束された給料を債権と考え、それをファクタリング業者に売却することによって現金を手にすることが出来るのです

この方法は借金とは捉えられないため、審査もほとんど必要なく、信用情報機関に履歴が残ることもありません。

次の項では、給与ファクタリングの仕組みをより詳しくご説明しましょう。

給与ファクタリングの仕組み

給与ファクタリングには主に2種類の仕組みがあり、それぞれ3社間ファクタリング、2社間ファクタリングと呼ばれています。

それぞれについてみていきましょう。

まず3社間ファクタリングの仕組みは、利用者が勤務先に対して給料債権譲渡同意書と呼ばれるものを書いてもらう必要があります。

簡単に言えば、給与債権を他社が取り扱うことを許しますという旨の書類です。

勤務先からこの同意書がもらえたら、利用者はそれを持ってファクタリング会社と債権譲渡契約を締結します。

契約完了後、ファクタリング会社は利用者の給与から手数料を除いた金額を支払います。

最後に、利用者が本来受け取るべき金額の給料が勤務先からファクタリング会社へと支払われ、終了となります。

2社間ファクタリングの仕組みも3社間ファクタリングとほぼ同じですが、勤務先に給料債権譲渡同意書を書いてもらう必要がありません。

依頼者が直接、ファクタリング会社と譲渡契約を結びます。

契約完了後、利用者は支払われた給料を即座にファクタリング会社へと入金し、取引終了となるのです。

2社間ファクタリングは勤務先に知られる心配が無いため、不安な方はこちらを利用すると良いでしょう。

給与ファクタリングのメリット

給与ファクタリングを利用するメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

ファクタリングは厳密には、お金を借りていないため借金とはみなされません。

単に債権を売買しているに過ぎないので、信用情報を照会する必要が無いのです。

つまり、過去に消費者金融等で延滞の履歴がある人にとっては、救いの手となる可能性があります

また職業柄、信用情報をクリーンに保っておきたいという方にも利用価値があります。

これから住宅ローンを組むため、審査に向けて念を入れ信用情報に傷を付けたくないという方にも利用するメリットがあります。

いずれにしろ、「借金ではない」ということが大きな強みになります。

給与ファクタリングのデメリット

では給与ファクタリングのデメリットにはどのようなものが挙げられるでしょうか。

ファクタリングは借金ではない、と上の項で述べましたが、かといって何もタダで債権を現金化できるわけではありません。

利用の際には必ず手数料が必要になります。

ファクタリングをあえて借入と同列で語るのであれば、この手数料はいわゆる金利に相当します。

手数料の相場としては、おおむね15パーセントから20パーセントが多いようです

消費者金融の金利と何ら変わらないと思うかもしれませんが、あくまでもこれは手数料であって金利ではありません。

たとえば30万円の給料を15パーセントの手数料でファクタリングした場合、実際に受け取る金額は25.5万円となります。

この数字を金利に置き換えると、1か月間の借入で4万5000円の手数料ですから、年利は182.5パーセントと驚愕の数値になります。

上限金利が年率18パーセントであることを考慮すると、これはその数値を10倍も上回る金利を支払うことと同義です。

この金利、もとい手数料で常習的にファクタリングを行えば必ず身の破滅をもたらしますから、あくまでも給与ファクタリングは一時しのぎの手段ととらえておいた方が良いでしょう。

話題のファクタリングサービス「七福神」を検証

個人向けの給与ファクタリングサービスは、まだ市場に出たばかりです。

債権を取り扱うという特性上、もともとは法人を相手にしていたというのが主な理由です。

個人に向けたファクタリングサービスを展開している企業は少ないものの、話題となっている企業は少なからず存在します。

それが、この項でご紹介する「七福神」という企業です。

即日融資に代わる新たな資金調達法としてファクタリングサービスを提供しているこの企業について、詳しく検証してみました。

七福神とは

七福神の特徴は、信用情報に事故履歴のある方でも利用できるという点です

クレジットカードのキャッシング、その他借入で延滞をしてしまい、信用情報機関に自己情報が記録されると消費者金融やカードローンの審査に通りにくくなります。

しかし、給与ファクタリングは上の項でも述べたとおり借入ではありません。

つまり、信用情報を照会する必要が無く、自己履歴のある方でも関係なく利用することが出来るのです。

また、七福神には給料債権買取業専門のスタッフが在籍しており、分からないことは何でも相談することができます。

債権、と聞くと借入よりも難しそうですが、プロが在籍しているのであれば安心ですね。

東京に本社を構えていますが、電話での相談も受付けているため、全国どこからでも利用・相談することができます。

さらに、七福神では契約の際に勤務先を通さない2社間ファクタリングを用意しているため、給料債権を売却したことを会社に知られる心配もありません。

勤務先の同意が必要な3社間ファクタリングと比べると手数料は多少高くなりますが、その分手続きに時間もかかりません。

できるだけ早めに現金が必要という方は、相談だけでもしてみると良いでしょう。

七福神の口コミ紹介

この項では、実際に七福神を利用した方の口コミをご紹介します。

利用者の声は、その会社の評判をもっとも的確に表したもので、利用するか否かの評価基準として考えるにはベストです。

公式サイトだけでは分からないことが、口コミでは語られていることも多いのが事実です。

また、ご紹介するのは良い口コミに限らず、悪い口コミについても同様にご紹介します。

良い点、悪い点を知ったうえで徹底的に検証することで、自身が利用する際の指針とすることができるでしょう。

利用することになっても、注意点をポイントとして捉えておけば、無駄な失敗を防ぐことができます。

七福神の良い口コミ

まずは良い口コミを、法人利用と個人利用に分けてご紹介します。

法人で利用した方は、銀行の融資を断られ途方に暮れていたところ、七福神のファクタリングを利用することで何とか急場をしのぐことが出来たと喜びの声を上げています。

地方の零細企業のため本当に利用できるか不安だったが、申込から入金までスムーズに行われたため非常に助かったと話しています。

その他、胡散臭い手数料の上乗せや契約の破棄等は一切なく、すべて約束通りの手数料と手順で事が運んだため大変満足したと締めています。

個人で利用した方は、過去に個人再生した履歴が信用情報に残っており、融資が受けられず生活に困っていたところ、七福神を利用したそうです。

仕事は派遣でも、問題なく手続きが完了したためむしろ驚いたと話しています

仕事の休憩時間中に申込みから入金まで行われたため、迅速な対応にも感謝していると締めています。

七福神の悪い口コミ

公正を期すため、七福神についての悪い口コミも同時にご紹介します。

とはいえ一貫してすべて、消費者金融に比べると手数料が高いという点に絞られていました。

個人で利用した方は、複数の消費者金融から借入を行っており、タイミング悪く返済日に現金が手元に無いという状態で七福神を利用したそうです。

良い口コミにもあった通り、申込から現金化までスピーディに行われて良かったものの、手数料が尋常ではなく高いという点が不満だったと話しています。

ただしこの方も、ファクタリングというものが高い手数料を要するサービスであることは承知していたらしく、仕方がないと締めています。

ローンのように長期的かつ常習的な利用は確実に生活破たんを招きますが、手数料は後から請求されずまとめて給料から払われますから、急場しのぎには向いていると言えるでしょう。

まとめ

近年、大手消費者金融をはじめとした金融業界では即日融資が当たり前になっています。

何が起こるか分からない現代だからこそ、多くの人のニーズに対応した結果であると言えるでしょう。

スマートフォンを利用したweb完結借入等も登場し、キャッシングや借金の敷居は昔ほど高くなくなりました。

また、即日融資に代わるサービスとしてファクタリングと呼ばれる債権売買も登場し、資金を調達する手段は多様化の一途をたどっています

お金を借りる際は、必ず事前に返済計画を立て、無理のない範囲で借入を行いましょう。

ファクタリングに関しても、手数料が高いという難点があることをキチンと理解し、あくまでも急場をしのぐといった使い方を心がけましょう。

即日融資で今すぐお金を借りるなら!?

即日融資で今すぐ借りるカードローン

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

即日融資は法人が緊急でも対応している?資金繰りに困らないために

銀行でお金を借りる方法について・メリットとデメリットを確認