即日融資

みずほ銀行カードローンは即日融資向き? 借入の3大利点解説&審査通過のコツを徹底検証!!

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行ではカードローンも利用できます。

即日融資に向いているのかなど、利用する側にとって気になる点もいくつかありますが、利点はどのような部分なのでしょうか?

ここではみずほ銀行カードローンの3大利点をはじめ、審査通過のコツなどを検証していきます。


みずほ銀行ってサラ金のようなイメージからは遠いなぁ!

みずほ銀行のカードローンは消費者金融のように低金利な融資が受けられるのよ。

みずほ銀行カードローンは即日融資できる?

まず多くの人が気になるであろう、即日融資の可否について見てみます。

今の所カードローンをすぐに利用する予定がなく、今後に備えて申込をしておきたいという方は別ですが、今日中に融資を受けたいという方にとっては重要です。

結論から言うと、みずほ銀行カードローンでは即日融資は難しいというのが現状です。

審査に時間が必要で、最短でも翌営業日にならないと審査結果が伝えられないからです。

審査の後に契約手続きが行われますから、最短でも翌営業日に利用が開始できるということになります。

今では即日融資が可能な金融機関も珍しくありませんが、みずほ銀行カードローンはそうではありません。

今すぐお金が必要という方ではなく、将来的にお金が必要なりそうだとか、いざという時に備えてカードローンを利用できるようにしておきたいという方に向いているでしょう。

 

みずほ銀行カードローンの審査は遅いのか?

先程紹介したように、みずほ銀行カードローンの審査は、最短でも翌営業日に結果が出て伝えられます。

審査の早い金融機関であれば、審査開始から30分以内に結果がわかることもあり、こうした所と比べれば遅いと言わざるを得ません。

また、みずほ銀行カードローンの審査時間は必ず一定というわけではなく、ある程度ばらつきがあるようです。

翌日に結果が出ることもあれば、数日かかるというケースもあります。

つまり最短なら翌営業日ですが、もっと時間がかかる場合もあり、スピード感という点では他の金融機関よりも劣っています。

即日融資には向いていないので、余裕を持って申込をするのが大切です。

それだけ審査をしっかり行っているということなので、信頼性という点では優れていると言えます。

いずれにしても、みずほ銀行カードローンの利用を検討するなら、審査は決して早くないということを頭に入れておくと良いでしょう。


みずほのカードローン、急ぎの人には向いてないようだね!

借入業者選びではスピードだけじゃなくて、総合的に自分の借入に適しているか考えることが大切よ。

審査スピードの口コミを紹介

では実際にみずほ銀行カードローンの審査を受けた人の、審査スピードについての口コミを見てみます。

ネット上の口コミを見てみると、やはり審査が完了するまで2、3日かかったという人が多いようです。

人によっては翌営業日、つまり1日で結果が届いたという口コミもありましたが、平均的にはやはり2日から3日は必要になるようです。

また、審査完了までに1週間近くかかったという口コミも見られ、かなりの時間待たされるケースもあると思われます。

少なくとも申込をした当日中に審査が終わり、即日融資ができたという口コミは見つかりませんでした

このことからもやはりみずほ銀行カードローンでは、即日融資は難しいというのがわかります。

どうしても今日中にお金が必要という場合は、別なカードローンを利用する方が良いでしょう。

急ぎではなく、時間に余裕があるならまったく問題ありません。

その場合は審査スピードではなく、他の部分でのメリットをチェックし、有効利用できそうかを考えるのがおすすめです。

 

みずほ銀行カードローンの審査が遅くなる理由

決して早いと言えないみずほ銀行カードローンの審査時間ですが、なぜ遅くなってしまうのでしょうか?

その理由としてはいくつかのことが考えられます。

審査の内容については非公開のため、正確な基準などについてはわかりません。

ですが、以下で紹介するような理由に該当していると、審査時間が長引くと考えられます。

みずほ銀行カードローンに申込をする場合は、審査時間を短くするためにも、以下のような点に注意しておきましょう。

 

信用情報に傷がある

信用情報に傷がある場合、審査完了までに時間がかかってしまいます。

これはみずほ銀行カードローンだけでなく、どのカードローンでも同じです。

信用情報というのは、申込をした人の過去のカードローンの利用履歴などのことで、期日までに返済をしているかなどがチェックされます。

もし過去に延滞をしたり、返済できなかった場合、それが信用情報として記録されます。

融資の審査では必ずこの信用情報がチェックされ、傷がある、つまり過去に問題があると判断された場合、審査により時間がかかります。

金融機関としても返済してもらえるかが不透明になるため、審査も慎重になってしまうのです。

もし過去に返済できなくなったなど、信用情報に傷がある場合は、審査に時間がかかってしまうと想定しておきましょう。

場合によっては審査に時間がかかるだけでなく、融資を断られるケースも出てきます。

 

オリコへの滞納や延滞がある

みずほ銀行カードローンの審査では、オリコという会社が保証会社として利用者とみずほ銀行の間に入ります。

審査の時、オリコも申込した人の審査を行い、大丈夫だと判断した場合にそれがみずほ銀行へと伝えられる形です

みずほ銀行としては、オリコが保証してくれるのだから問題ないだろうと考え、カードローンの利用を許可するようなイメージです。

そのため、オリコへの滞納や延滞があると、審査に時間がかかったり、審査に通らなかったりします。

保証会社が保証してくれなくなるためです。

いわば二重に審査をしている状態で、オリコ、みずほ銀行両方の審査に通らなければ融資も実現しません。

もしオリコも利用しているという方は、まずオリコに対して滞納や延滞がないかをチェックしておきましょう。

 

申し込み内容に虚偽や間違いがある

審査を受ける前には、申込を行います。

氏名や年齢をはじめ、年収は勤務先など、多くの情報をみずほ銀行に提出することになります。

みずほ銀行側は、こうした情報をもとにして審査を行いますので、情報に虚偽や間違いがあれば確認作業なども増え、審査に時間がかかってしまいます。

web申込をするにしても、電話などで申込するにしても、必要な情報は間違いなく、正確に伝えるように心がけましょう。

虚偽の申告をするのは絶対に避けるべきです。

中には審査に通りたいという気持ちで、虚偽の申告をする人もいるのですが、結局審査の段階で虚偽だとわかってしまいます。

悪質だと判断されればその時点で融資を断られることもあり、虚偽の申告をしても良いことはなにもありません。

申込内容は正確に、そして正直に申告するようにしましょう。

 

在籍確認がとれない

消費者金融や銀行カードローンの審査では、必ず在籍確認が行われます。

在籍確認というのは、申込時に申告した勤務先で間違いがないか、銀行側が確かめる作業のことです。

一般的には審査を担当する人が、個人名で勤務先に電話をかけ、申込した人が本当にそこで働いているのかを確認します。

この在籍確認がとれないと、本当にそこで働いているのかわからず、ひいては収入があるのかも不透明になります。

こうなると審査に余計な時間がかかってしまい、審査結果が出るまでにどんどん多くの時間が必要になってしまいます。

申込をする時は、在籍確認にも備えて、会社の営業日に申込をするなどしましょう。

ちなみに、在籍確認の電話は自分で出てもかまいません。

他の社員に出られるのが嫌だという場合、在籍確認に備えて電話は自分で出るようにするのも良いでしょう。

在籍さえ確認できればそれで大丈夫です。


ふーん、審査落ちの理由もいろいろ考えられるわけだ。

逆に、審査のポイントをおさえておけば審査通過率がぐっと高まるのよ♪。

みずほ銀行カードローンでスムーズな融資実現するコツをチェック

ここまで、みずほ銀行カードローンの審査に時間がかかる理由を見てきました。

では審査時間を短くし、スムーズに融資を実現する方法はないのでしょうか?

実はいくつかの点に気を付けていれば、審査時間を最短にすることも可能です。

うまくいけば翌営業日、遅くても3日くらいで審査を終わらせることもできるのです。

ではその方法とはどういうものなのか、スムーズな融資を実現するためのコツを見ていきましょう。

 

みずほ銀行の口座は必須

みずほ銀行カードローンを利用するなら、みずほ銀行の口座は必須です。

もし口座を持っていない状態だと、まずはみずほ銀行の口座を開設するところから始めなくてはならず、さらに時間がかかってしまいます。

なぜこのようなことになるのか、それは返済方法がみずほ銀行の口座引落のみだからです。

融資してもらったお金を返済する時、必ずみずほ銀行の口座を使わなくてはならないのです。

他の銀行口座から引き落としたり、コンビニATMなどでは返済ができません。

すでにみずほ銀行の口座を持っているなら問題ありませんが、もし持っていないならカードローンの申込の前に、まずは口座開設を済ませておきましょう。

返済方法が1つしかないということで、不便にも感じられるかもしれませんが、みずほ銀行カードローンは基本的にみずほ銀行の口座を持っている人を対象にしているのでしょう。

 

みずほ銀行のキャッシュカードまたはみずほダイレクトを利用していること

みずほ銀行のキャッシュカードを持っている、もしくはみずほダイレクトを利用していることも、スムーズな融資の条件の1つです。

キャッシュカードを持っているということは、当然口座も開設していることになります。

みずほダイレクトというのは、いわゆるインターネットバンキングのことで、みずほダイレクトを利用していれば、カードローンの借入などがスマホからでも可能になります。

より便利にみずほ銀行カードローンを利用できるようになるため、みずほダイレクトも使えるようにしておくのがおすすめです。

もしみずほ銀行の口座を持っていない人も、カードローン利用のために開設することになりますから、一緒にみずほダイレクトも利用できるようにしておくと無駄がないでしょう。

 

営業時間以内に申し込みを終了する

営業時間内に申込を完了させることも大切です

営業時間外だと審査開始も翌営業日にずれてしまうため、すぐに審査が始まりません。

みずほ銀行カードローンの場合、オリコという保証会社が審査を行うのですが、オリコの営業時間は平日の9時から17時までです。

つまり17時以降の夜間や、土日・祝日などは審査を行っていません。

この時間帯に申込をしても、翌営業日になるまで審査は開始されませんので注意しましょう。

申込自体はweb上や電話でも可能なので、平日の日中に申込を済ませるようにします

そうすればその日のうちに審査が始まり、審査にかかる時間を最小限に抑えられます。

お仕事などで難しい場合もあると思いますが、平日に申込することが大切です。

 

確実に在籍確認を完了する

審査を終わらせるためには、必ず在籍確認を済ませないといけません。

在籍確認ができなければそこで審査はストップし、在籍確認が済むまでは話が進みません

最悪の場合、審査終了で融資が断られるという可能性も出てきます。

そうならないためにも、申込をする時は在籍確認を完了させられるよう準備をしておきましょう。

在籍確認では、審査担当者から勤務先に電話がかかってきます。

この電話に、自分も含めて勤務先の人が出て、申込をした人が在籍していると確認できれば完了です。

みずほ銀行カードローンの場合、審査に2、3日かかることもあるので、申込をして審査が始まってから、数日以内には在籍確認の電話がかかってきます。

その時に会社が休みだったりすると、在籍確認もできないので注意しましょう

申込は基本的に平日に行うことが多いはずですが、そこから何日かはかかると想定し、勤務先の休業日に重ならないように調整しておくと確実です。

 

なるべく希望限度額を低めに設定する

希望限度額というのは、融資してもらいたい金額のことです。

この希望限度額をなるべく低く設定して申込をすることで、審査がスムーズに進む可能性が高まります

というのも、審査というのは申込してきた人に返済能力があるのかを確かめるのが最大の目的です。

そのために年収などを聞くのですが、希望限度額が低いほど返済もしやすくなります。

極端な話、100万円を借りて返済するのと、1万円を借りて返済するのでは返済にかかる負担もまったく違います。

銀行としても、希望限度額が低い人であれば、返済してもらえる可能性も高いだろうと判断しますので、審査がスムーズに進みやすいのです。

具体的に融資してもらい額が決まっているなら別ですが、そうでない時は希望限度額を可能な限り低くしておきましょう。

特に将来に備えて申込を済ませておきたいという場合は、必要以上に希望限度額を高くする必要はありません。

現在の収入で困っていないなら、たくさんの融資を希望する必要もないというわけです。

日常的にクレジットカードなどを利用しておく

みずほ銀行カードローンの利用を検討するなら、日常的にクレジットカードを利用しておくのも良い方法です。

普段からクレジットカードを利用しておくことで、返済実績を作り信頼性を高めることができるわけです。

特にみずほ銀行カードローンは審査をオリコという、クレジットカード会社が行いますので、クレジットカードの利用実績があると、審査でもプラスに働くと考えられます。

もちろんクレジットカードの返済に遅れていたりするのはマイナスなので、きちんとお金の支払いも行っているのが大前提です。

それならクレジットカードを利用していない方が良いのではないか?そう思われるかもしれません。

ですがクレジットカードの利用歴がまったくないと、それはそれであまり良い印象を与えられないようです。

無理に利用する必要はありませんが、普段の買い物などで積極的にクレジットカードを利用するように意識すれば、いざという時に役立つかもしれません。

 


沢山のポイントがあるけど、全部しっかり覚えておきたいな!

審査に通過するには、みずほ銀行と自分の相性も大切なの。

みずほ銀行カードローンはどんな人に向いている?

ここまでみずほ銀行カードローンの審査や、申込のポイントなどについて紹介してきました。

ではみずほ銀行カードローンはどんな人に向いているのでしょうか?

審査にある程度の時間がかかるということで、少なくとも急いでいる人には不向きでしょう。

即日融資がなく、最短でも翌営業日の融資になりますので、今すぐお金が必要という状況だと不便です

ここからはどんな人に向いているのかを知るためにも、みずほ銀行カードローンのメリットを検証していきます。

 

みずほ銀行カードローンのメリット検証

審査に時間がかかってしまうというのは、カードローンとしてはデメリットになります。

多くのカードローンで即日融資が実現可能なので、余計にデメリットとして際立ってしまいます。

それでもみずほ銀行カードローンを利用する人が多いのは、それだけのメリットがあるからです。

また、急いでいない人にとっては審査に数日かかるというのはデメリットにならず、メリットだけを受けられることになります。

これからに備えて融資が受けられる環境を整えておきたい、そんなふうに考えている方は、審査時間にとらわれずみずほ銀行カードローンのメリットを把握することが大切です。

次の項目からは具体的なメリットを見ていきましょう。

 

WEB完結申込みができる

みずほ銀行カードローンは、パソコンやスマホから申込が可能で、お店に来店する必要などはありません。

web完結申込と呼ばれる、申込から審査、契約完了までをすべてweb上で済ませる方法が用意されています。

これなら自宅からでも、会社からでも、外出先からでも自由に申込ができて便利です。

近年はスマホも普及しましたので、いつでもどこでも申込ができる環境が整っています。

余計な手間をかけず、必要最小限の手間で融資の申込ができるので、積極的に活用していきましょう。

審査時間は限られていますが、webからの申込自体はいつでもできます

夜のうちに申込だけ済ませておき、翌日にすぐ審査が始まるようにするのもおすすめです。

 

業界トップクラスの低金利と高限度額

みずほ銀行カードローンの金利は、業界でもトップクラスの低金利です。

年2.0%から年14.0%で、最終的な金利は利用限度額によって変わります。

たとえば利用限度額が10万円から100万円未満だと14.0%で、800万円なら2.0%です。

利用限度額が多くなるほど金利も下がる仕組みです。

また、みずほ銀行の住宅ローンを利用している場合は、カードローンの金利が0.5%下げられます

こうした低金利も魅力的ですが、限度額が高いのもメリットです。

最大で800万円までの融資が可能なので、まとまったお金が必要という場合も対応できます。

もちろん審査に通って融資が認められればですが、利用限度額が高いというのはなにかと安心です。

ご両親の介護がある場合など、急に大金が必要になる可能性もありますので、備えあれば憂いなしといったところでしょう。

 

選べる2つのカードタイプ

みずほ銀行カードローンでは、契約時に2つのカードタイプを選べます

一般的にカードは1種類しかないことが多いのですが、みずほ銀行なら2種類あるため好きな方を選べます。

自分の利用スタイルに合わせて最適な方を選べば、より便利に利用できるでしょう。

事前にどのようなタイプがあるのかを把握しておき、自分にとってどちらが使いやすそうかを考えておきましょう。

 

みずほ銀行カードローンはキャッシュカード兼用型とカードローン専用型がおすすめ

では具体的にどのようなカードタイプがあるのかというと、キャッシュカード兼用型と、カードローン専用型があります。

キャッシュカード兼用型というのは、文字通りキャッシュカードと兼用で、キャッシュカードとしてもカードローンのカードとしても利用可能です。

つまりキャッシュカード兼用型があれば、1枚で銀行口座から引き出しや、カードローンからの借入などができてしまいます。

一方でカードローン専用型はカードローンの利用のみ可能で、キャッシュカードとしての機能はありません。

カードは分けておきたいという方に最適でしょう。

キャッシュカード兼用型と、カードローン専用型のどちらか好きな方を選べますので、スタイルに合わせたカード選びが可能です。

 

みずほ銀行カードローンが向いている人

みずほ銀行カードローンに向いている人は、まず即日融資が不要な人です

即日融資を希望するのではなく、万が一の事態や、これからの生活に備えて融資してもらえるようにしておきたい、そんな方に向いています。

即日融資ができないというデメリットが消え、メリットだけを活かせるからです。

また、銀行系カードローンということで金利が低いので、金利を抑えたい方にも向いているでしょう。

利用限度額が高いことを考えれば、高額融資を希望する方にも向いています。

みずほ銀行のカードローンということで、みずほ銀行を普段からメインバンクとして使っている方にもおすすめできます。

審査時間などもスムーズになりますし、普段から使っている口座を活用できるため無駄がありません。

 

まとめ

みずほ銀行カードローンは、即日融資はできないものの低金利で利用限度額も高いとメリットも多くあります。

急いでいる方にとっては即日融資不可というのは残念ですが、逆に即日融資が不要なら非常に便利なカードローンです。

デメリットだけでなくメリットもしっかり確認し、どうすれば有効活用できるのかを考えましょう。

そうすれば最大限に活用できるようになり、今後の生活でも安心感が生まれます。

審査を受ける際も、在籍確認を確実に済ませるなどすれば、最短で審査を完了できます。

申込から契約まで、スムーズに終わるよう事前の準備が大切です

 


みずほ銀行は即日融資できなくても十分メリットがありそう!

借入したら限度額が増えることもあるけど借過ぎに注意してね。

 

即日融資で今すぐお金を借りるなら!?

即日融資で今すぐ借りるカードローン

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

住信SBIネット銀行『MR.カードローン』は即日融資できるのか解説

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンの即日融資はこれでOK!?借入方法解説&審査3要点を徹底検証...

じぶん銀行カードローンの主な機能と申込方法は・即日融資について

バンクイック即日融資で借りるならWEB完結がオススメの3つの理由とは?

イオン銀行カードローン

主婦OK!?イオン銀行カードローン即日融資の方法とは!?借入4要件&返済注意点徹...

楽天銀行カードローン即日融資可能?審査通過の4つのポイントとは!?