即日融資

主婦OK!?イオン銀行カードローン即日融資の方法とは!?借入4要件&返済注意点徹底検証!!

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは主婦の方でも利用できるのでしょうか?

また、即日融資の方法も気になるところです。

借入に関する4つの要件や、返済時の注意点など、徹底的に検証していきます。


イオンって買い物でよく利用するから身近だけど、カードローンはよく知らないんだ。

イオン銀行のカードローンは低金利と融資間口の広さが特徴よ!審査速度など要点を見てみましょう。

イオン銀行カードローンで即日融資を受ける方法とは

多くのカードローンでは、即日融資を受けることが可能です。

申込をしたその日のうちに、審査や契約が完了し、その後すぐに融資を受けられる形です。

ですが、実はイオン銀行カードローンではこの即日融資を受けるのが非常に難しくなっています

即日融資自体は可能なのですが、さまざまな条件をクリアしないとならず、その方法を知っていないといけません。

ではどうすればイオン銀行カードローンで即日融資を受けられるのか、具体的な方法を順番に解説していきます。

また、他にも申込方法について、また返済時の注意点なども同時に解説します。

イオン銀行カードローンを活用できるように、しっかりと知識を身につけておくことが大切です。

 

イオン銀行カードローンの審査

融資を受けるためには、審査に通らなければなりません

これはイオン銀行カードローンでも同様です。

審査に通るかどうかが非常に重要なため、審査基準について知りたいという方も多いのではないでしょうか?

とはいえ、審査基準は非公開ですので、正確な基準について知ることはできません。

申込条件をチェックし、求められる情報を正確に申告することが契約への近道になるでしょう。

申込後に審査が開始され、審査が終了すると結果が伝えられます。

審査に通っていれば契約へと進めますが、通っていない場合は残念ながらその時点で融資を断られてしまいます。

よくある疑問として、専業主婦だと審査に通らないのではないかという声がありますが、これは間違いです。

後ほど詳しく紹介しますが、専業主婦であっても条件を満たしていれば借入は可能です。

とにかく審査に通ることが大切ですので、即日融資を希望する場合もまずは審査に通るかどうかを考えましょう。

 

イオン銀行カードローンで即日融資を受けられる人

ではイオン銀行カードローンで、即日融資を受けられる人とはどんな人なのかを見ていきましょう。

まず大事なことは、即日融資を受けるためにはその日のうちに契約までのすべて手続きを済ませないといけない点です。

大まかな流れとしては、申込をして審査を受け、審査終了後に契約手続き、そして融資となります。

これらの手続きを当日中に終わらせないと、即日融資は受けられません。

イオン銀行カードローンでは、14時までに申込を完了させないと、審査結果が当日中に出ることはありません

14時過ぎの申込だと、翌営業日以降の融資となってしまうため、早めに申込を済ませるのがポイントです。

余裕を持って午前中に申込するのが理想的でしょう。

他にも即日融資のための条件はありますが、まずは申込を早めに済ませることが大切です。

 

イオン銀行カードローンなら専業主婦でも借入できる

イオン銀行カードローンは、専業主婦の方でも借入できるというのは先程も紹介しました。

一般的なカードローンでは、専業主婦だと融資を断られることが多いので、これはイオン銀行カードローンの大きなメリットの1つです。

そもそもなぜ専業主婦だと融資が断られてしまうのかというと、収入がないことが問題になります。

カードローンというのは、基本的に申込をした本人に安定した収入があることが融資の条件になっています

そのため専業主婦の場合だと無収入と判断され、融資も断られるのです。

ですが、イオン銀行カードローンでは配偶者、つまり夫に安定した収入があれば専業主婦でも申込可能です。

もちろん兼業主婦の方でも借入可能で、自身の収入だけでは経済的に苦しいなんていう時に、イオン銀行カードローンから借入して対応することもできます。

 

学生はNG!

イオン銀行カードローンの申込条件を見てみると、日本国内に居住していることをはじめいくつか設定されています。

契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満であることや、申込者本人に安定した継続収入が見込めること、イオンクレジットサービスまたは、オリックス・クレジットの保証を受けられる方などです。

こうした条件を満たしていれば、申込もできるということになるのですが、例外として学生さんだけは利用不可能です。

たとえ20歳を超えていて、アルバイトなどで安定した収入があっても、学生だとイオン銀行カードローンは利用できません。

専業主婦の方は利用可能ですが、学生だと申込ができないので、その点には注意しましょう。

現在学生だという方は、卒業するまで待つか、別な学生でもOKなカードローンを利用することになります。

 

イオン銀行カードローンの金利と限度額

イオン銀行カードローンでは、金利と限度額の設定はどうなっているのでしょうか?

どちらも非常に重要な情報です。

まず金利ですが、これは実質年率で3.800%から13.800%の範囲内で決められます。

どの程度の金利が適用されるかは、審査の結果や利用限度額によって変わります。

基本的には、利用限度額が高くなるほど金利も低くなると想定しておけば良いでしょう。

次に利用限度額ですが、こちらは最大で800万円までとなっています。

800万円必要というケースは稀だとは思いますが、限度額の上限は高くなっているので、高額融資を希望する方にも向いています。

もちろん限度額800万円を希望する必要はないので、たとえば5万円くらいの少額でも問題ありません。

自分に必要な分だけを希望限度額として申告しましょう。


これらのデメリットは確実に頭に入れておきたいね!

逆に、審査のポイントをおさえておけば審査通過率がぐっと高まるのよ♪。

イオン銀行カードローンで即日融資を実現する4大要件

ここからは、イオン銀行カードローンで即日融資を実現するための、4つの要件について詳しく紹介します。

これから紹介する4つの要件を理解しておけば、即日融資を実現しやすくなります。

急に現金が必要になってしまったものの、持ち合わせがなくて困ったという経験は多くの方が体験しているのではないでしょうか?

特に月末になるとお金が足りないなんてことも出てきます。

そんな時も、即日融資が実現できれば小口融資をしてもらい、必要なお金を確保できるようになります。

イオン銀行カードローンの場合、4つの要件をクリアしていないと、融資まで数日から1,2週間かかってしまうこともあります。

急いでいる時でも活用できるよう、要件について正確に把握しておかないといけません。

 1イオン銀行で普通預金口座を持っている

イオン銀行カードローンで即日融資を実現するには、イオン銀行の普通預金口座を持っていないといけません。

というのも、イオン銀行カードローンでは、借入したお金はイオン銀行の口座宛てにしか振り込まれないからです。

他の銀行の口座に振り込むといったことはできず、イオン銀行の普通預金口座を持っていない状態だと、融資の前に口座開設の手続きを済ませないといけません。

これでは大幅に時間がかかってしまい、審査は終わっているのに口座開設まで待たなければならなくなります。

即日融資も当然不可能になりますので、イオン銀行カードローンの利用を検討しているなら、まずはイオン銀行で普通預金口座を開設しておきましょう。

すでに口座を持っているという方なら問題ありません。

また、契約後はイオン銀行のキャッシュカードがそのままローンカードとしても使えますので、キャッシュカードも忘れずに作って手元に用意しておきましょう。

キャッシュカードがあれば、契約後にイオン銀行のATMでお金を引き出せます。

 

2運転免許証を持っている

イオン銀行カードローンで即日融資を受けるなら、運転免許証を持っているかどうかも重要です。

運転免許証は、申込の際に身分証明証として利用します

身分証明をするだけであれば、運転免許証でなく健康保険証などでも良いと思われるかもしれません。

それは間違いではないのですが、イオン銀行カードローンの場合、運転免許証以外の身分証明証だと、手続きに時間がかかってしまうのです。

唯一、運転免許証だけがスムーズに身分証明を済ませることができ、結果的に即日融資が可能になります。

つまり運転免許証以外の書類だと、即日融資が難しくなってしまうのです。

即日融資を希望する場合は、運転免許証を手元に用意しておきましょう。

もし運転免許証を持っていないという方は、残念ながらイオン銀行カードローンでの即日融資は難しくなります。

 

3在籍確認をクリアする

在籍確認というのは、カードローンを利用するために必ず済ませなければならないことの1つです。

専業主婦の方を除いて、申込できる人というのは必ず勤務先があります。

この勤務先に対して、審査時にイオン銀行カードローン側が電話をかけ、申込をした人が本当に在籍しているか確かめるのが在籍確認です。

虚偽の勤務先を申告していないか確認する作業と考えれば良いでしょう。

在籍確認は審査時に行われ、在籍確認が済まないと審査にも通りません。

そのため、在籍確認をクリアすることは非常に重要です。

即日融資を希望する場合、その日のうちに在籍確認を終わらせないといけないので、勤務先が休みの日に申込するのは避けるべきでしょう。

ちなみに在籍確認の電話は、イオン銀行カードローンということは言わず、個人名でかけてきてくれます。

そして申込した人がいるかどうかだけを尋ねる形なので、カードローンの利用が勤務先に知られることはまずありません。

 

4即日融資を希望するならイオン銀行窓口に連絡すること

最後に、もっとも大事なことですが、イオン銀行カードローンで即日融資を希望する時は、イオン銀行の窓口に電話して即日融資を希望している旨を伝えましょう

イオン銀行カードローンでは即日融資も可能ではありますが、基本的には契約まで数日かかります。

つまり即日融資を特殊な場合のみの対応といった形です。

そのため、こちらから伝えておかないと、たとえ午前中に申込をしたとしても即日融資にはなりません

電話は申込を済ませた後でも良いので、まずは申込を済ませ、その後に窓口に電話して即日融資をしてもらいたいと伝えておきましょう。

申込後は審査が始まり、こちらは審査が終わるまで待っている状態なので、電話をかける時間はあります。

もし今日中にお金が必要など、時間に余裕がない時は必ず窓口に電話をかけ、即日融資を希望していると相談しましょう。


なるほど、この4大要点を知っていれば審査に通過しやすいかも!

審査結果が知りたくてそわそわしたら、ちょっとした審査可否の見分け方もあるのよ♪

審査に落ちた場合は郵送で通知がくる

イオン銀行カードローンでは、審査に落ちた場合のみ結果が郵送で通知されます。

通常、審査に落ちた場合も電話やメールで知らせる金融機関が多いのですが、イオン銀行は少し特殊なスタイルを採用しています。

審査に通った場合は電話での通知になっているので、あくまでも審査に落ちた場合のみ郵送通知となるわけです。

14時までに申込をすれば、原則として審査はその日のうちに終わり、審査に通った場合は当日中に結果も通知されます。

つまり、もし14時までに申込をしたのに、その日のうちに審査結果が通知されなかった場合は、審査に落ちている可能性があるのです。

郵送という方法の都合上、通知が自宅に届くまでは数日はかかると考えられます。

もし申込をしても審査結果の通知が電話でこなかった場合は、落ちているのかもしれません。

 

急な出費に備えてイオン銀行の口座を作っておくと安全

先程も紹介したように、イオン銀行カードローンで即日融資を受けるためには、イオン銀行の普通預金口座を開設しておく必要があります。

口座がないと口座開設の手続きから行わなければならず、即日融資が難しくなります

今すぐ融資を受ける必要がないなら問題ありませんが、急な出費などでどうしても今日中に融資を受けたいという状況も出てくるかもしれません。

いざという時に備えるためには、事前にイオン銀行の普通預金口座を作っておくと安全です

たとえばパートをしている主婦の方の場合、収入はあるわけですがだからといって常に余裕があるとは限りません。

急な出費が重なってピンチ、なんてこともあるでしょうから、備えておくことは大切です。

即日融資を受けるためにも、イオン銀行カードローンの利用を検討しているならまずは口座を作っておきましょう。

 

最寄りのイオン銀行ATMの場所を確認しておく

即日融資を受けた場合も、そうでない場合も、イオン銀行カードローンで借り入れたお金はイオン銀行の口座に振り込まれます。

そのためお金を受け取るためには、イオン銀行ATMに行き、キャッシュカードを使って振り込まれたお金を引き出す必要があります。

そこで大切なことが、最寄りのイオン銀行ATMの場所を確認しておくということです。

特に即日融資を受けた場合というのは、時間に余裕がないことがほとんどでしょう。

申込から契約までにもある程度の時間がかかっていますから、とにかく時間がないというケースも出てくるかもしれません。

振り込まれたお金を最短で引き出すためにも、最寄りのイオン銀行ATMがどこにあるかを確認しておきましょう。

近所のATMの場所を把握しておけば、すぐにお金を引き出せます。

 

イオン銀行カードローンで審査が遅れる原因

イオン銀行カードローンでは、14時までに申込すれば当日中に審査結果が出るというのはお伝えしました。

ただし、場合によっては審査が遅れてしまうこともあります。

その原因はなんなのでしょうか?

原因の1つになるのが、申込時に申告する情報に不備や間違いがあった場合です。

不備や間違いがあると、審査時に改めて確認しなければならず、余計な時間がかかってしまいます

また、運転免許証などの身分証明証も必要になるため、手元に用意しておかないと、やはり審査に時間がかかってしまうことがあります。

この他にも、スムーズに在籍確認ができなかった場合や、たまたま申込が殺到していて審査の順番待ちが発生してしまうなど、さまざまなことが原因で審査に遅れることも出てきます。

申込の際には情報は正確に申告し、必要書類も事前に調べて用意しておきましょう。

そして申込時間は早い方が良いので、できれば午前中に申込を済ませ、なるべく早く審査が終わるようにすることも大切です。


余裕を持った行動は借入において、常に意識したいよね。

あと、見落としがちなのが申込み方法の注意点ね。

イオン銀行カードローン申込み方法

イオン銀行カードローンに申込する時の方法を確認しておきましょう。

まずはパソコンやスマホから、イオン銀行カードローンのサイトにアクセスします。

電話などでの申込には対応していないので、必ずサイトから申込を行います

申込が済むと、審査が始まりこのタイミングで在籍確認も行われます。

審査と在籍確認が終わり、審査に通っている場合はそのまま契約となり、イオン銀行の普通預金口座に希望した金額が振り込まれます。

後は口座からお金を引き出せば完了です。

特徴としては、やはりwebからの申込にしか対応していないという点でしょう。

電話や店頭などで申込できませんから、その点には注意してください。

イオン銀行カードローンの返済注意点

イオン銀行カードローンで融資を受けたら、その後は返済をしなければいけません。

返済方法ですが、イオン銀行ATMや、コンビニATMなどから返済する方法をはじめ、イオン銀行の口座や、他金融機関の口座からの引き落としにも対応しています。

どの方法で返済しても良いので、お好きな方法を選びましょう。

また、約定返済と任意返済の期間についても確認しておく必要があります。

約定返済というのは、毎月に必ず返済しなければいけない返済のことで、毎月1日から20日に返済したお金は約定返済となります。

つまり、1日から20日の期間中に、必ず決められた金額を返済しなければなりません。

毎月21日から30日までは任意返済の期間となり、こちらは約定返済とは別に、任意で返済したい時に利用します

たとえば、毎月の約定返済額が1万円だとして、1日から20日の間に1万円を返済したとします。

この時点で今月の返済は済んでいますが、余裕があるのでもっと返済しておきたいといった場合に、任意返済の期間を利用します。

任意返済に1万円を返済すれば、トータルで2万円を返済したことになるわけです。


借金は、返せるときは多めに返したほうが得策だね!

まず、余裕を持った返済計画の作成が重要よ!

返済方式

イオン銀行カードローンの返済方式は、残高スライド方式を採用しています。

これは借入の残高に応じて、毎月の返済額が変わるというものです。

借入の残高については、前月末日時点の借入残高を参照します。

たとえば、前月末日の残高が3万円以下だった場合、返済額は1,000円となります

3万円超5万円以下の場合は2,000円といったふうに、残高が多いほど毎月の返済額も高額になっていきます。

借入残高が多くなるほど返済負担も大きくなっていくので、いくら借りるかは慎重に考えましょう。

また、返済をすればするほど毎月の返済額が減っていくので、余裕のある時は任意返済を利用して多めに返済するのもおすすめです。

 

金利に注意

金利と限度額の項目でも紹介しましたが、イオン銀行カードローンでは限度額に応じて金利が発生します。

金利というのは利息のことで、返済時に元金に加えて金利分の利息を支払うことになります。

ただ借りた分のお金を返済すれば良いというわけではありません。

毎月、必ず利息の支払いも行われますので、金利についてもしっかりと確認しておきましょう

金利が高くなるほど利息の支払額も増えていきます。

特に数万円くらいの少額融資の場合、金利が高めに設定されますので注意しましょう

金利も含めてトータルの返済額がいくらくらいになるのかや、毎月の返済額について把握しておくことが大切です。

カードローンを利用する時は、融資を受ける時のことだけを考えるのではなく、金利を含めた返済のことについても考えておきましょう

でないと返済で苦労してしまうことも出てきます。

 

事前に返済計画を立てることが大切

イオン銀行カードローンに限らず、カードローンを利用する時は事前に返済計画を立てることが大切です。

いつまでに、どうやって返済するのかを考えておかないと、毎月の返済が難しくなってしまいます。

返済を延滞したり、完全に返済不能になってしまえば大変なことです。

そうならないためにも、返済計画は必ず立てるようにしましょう。

まず大事なことは、必要以上に借りないということです。

どうしてもお金が必要になった時だけ、必要最小限のお金を借りる、これを意識すれば返済計画も立てやすくなり、毎月の返済負担も最小限に抑えられます。

たとえば限度額50万円だった場合、最大で50万円まで融資を受けられるわけですが、だからといって必要もないのに上限まで借りるのは危険です。

50万円借りるということは、50万円を返済しなければならないということです。

この50万円に金利が加わりますから、実際に返済する金額は50万円を超えます。

必要な時に必要な分だけ借りることを徹底しましょう

 

イオン銀行カードローンで増額する方法

増額というのは、利用限度額をアップさせることです。

たとえば今の利用限度額が30万円だったとして、増額を行うことで利用限度額をさらに増やせることがあります。

増額を希望する場合は、まずカードローン専用マイページにアクセスし、増額案内を選択します

その後は画面の指示に従いながら必要事項を入力し、申込を行いましょう。

申込後は審査が行われ、審査結果がメールで通知されます。

審査の結果、増額が認められれば利用限度額がアップしています。

現在の利用限度額では不足しているという場合は、この方法で増額を希望してみましょう。

審査があるため、必ず増額できるとは限りませんが、増額が認められればさらに借入が可能になります

 

まとめ

イオン銀行カードローンは即日融資も可能で、専業主婦の方でも借りられると主に主婦の方に人気のあるカードローンです。

即日融資を実現するにはいくつかの注意点もありますが、使いこなせれば非常に頼りになる方です。

申込の方法をはじめ、審査についてや金利についてなど、必要な情報を把握して申込を済ませましょう。

少額融資も可能ですので、ちょっとお金が必要になった時や、急にお金が必要になった時も便利です。

イオン銀行の普通預金口座が必須なので、カードローンを利用するならまずは口座の開設から始めましょう

そうすればスムーズに利用可能です


イオンでよく買い物する人には有力な借入先候補だね!

申込みは手違いがあると遅れることがあるから、確実にミスなく行ないましょう♪

 

即日融資で今すぐお金を借りるなら!?

即日融資で今すぐ借りるカードローン

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

スルガ銀行カードローン

スルガ銀行カードローンの即日融資は有効!?3大他行比較と口コミで検証&申込みも徹...

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは即日融資向き? 借入の3大利点解説&審査通過のコツを徹...

じぶん銀行カードローンの主な機能と申込方法は・即日融資について

りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローンがおすすめな7つの理由

バンクイック即日融資で借りるならWEB完結がオススメの3つの理由とは?

住信SBIネット銀行『MR.カードローン』は即日融資できるのか解説