即日融資

横浜銀行カードローンの即日融資はこれでOK!?借入方法解説&審査3要点を徹底検証!!

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは地方銀行が取り扱う商品の中では、メジャーであり大手と言えるのではないでしょうか。

これから利用するか検討中の人は、融資における借入方法や審査の基準などが気になるのではないでしょうか。

利用するためには横浜銀行が設定している条件を満たす必要があるため、返済方法などと合わせて解説します。

 

横浜銀行カードローン基本情報

横浜銀行カードローンは、様々な目的で利用することができます。

予定外の出費により生活費が足りなくなった場合、海外旅行の費用が欲しい場合、などです。

ただし事業用資金としては利用できません。

横浜銀行の口座を持っていない人でも、審査の結果次第では融資が可能となる場合もあります。

また利用時に横浜銀行のATMを探す必要もありません。

国内の消費者金融業者が保証を担当するため、利用時には担保と保証人は不要です

専用のスマートフォンアプリがあり、ATMがなくても残高照会ができることもポイントです。

契約期間は1年間ですが、1年ごとの自動更新となります。

きちんとした金融商品であるため、融資のためには必ず審査が行われます。

 

専業主婦でも融資は可能? 横浜銀行カードローンの審査基準とは

仕事をしていない専業主婦であっても、何かしらの理由により融資を受けたいと考えることがあるかもしれません。

審査を受けて問題がなければ、専業主婦でも大丈夫です

貸金業法という法律があり、貸金業者からの借入を個人の年収の3分の1までにするという制限があります。

しかし横浜銀行は貸金業者ではなく銀行であるため、銀行法という別の法律に従っています。

そのため総量規制の対象外となり、主婦が融資を受けても問題ないのです。

主婦や他の人が融資を受ける際の審査基準ですが、安定した収入があることです。

安定した収入がある人の配偶者であれば、利用できる可能性があります

年収には年金も含まれるため、年金をもらっている主婦であれば審査対象となります。

 

金利や限度額を他行と比較

横浜銀行カードローンの金利は、年1.5パーセントから14.6パーセントです。

あるメガバンクのカードローンの金利の例ですが、50万円以下で年14.6パーセントとなっています。

他のメガバンクも同じような金利が設定されているため、横浜銀行カードローンの金利の方が安いこともあります。

次に横浜銀行カードローンの限度額ですが、10万円から1,000万円です。

誰でも1,000万円分を利用できるわけではなく、審査結果によって変動します。

上記したメガバンクの例ですが、限度額は10万円から500万円です。

他のメガバンクには800万円のカードローンもあるものの、1,000万円には達していません。

利用限度額において、横浜銀行カードローンは勝っています。

 

横浜銀行カードローンを利用するメリット

横浜銀行カードローンを利用する場合、上記した通り限度額が大きいことがメリットと言えます。

何かしらの理由により多額の融資を希望する場合、メガバンクよりも余裕があります。

いくら利用できるかは審査によって左右されるものの、限度額の余裕が欲しい人は横浜銀行カードローンを検討してみてください。

審査後にカードが発行されますが、発行のために手数料と年会費がかからないこともメリットです。

即日融資を受けるためにお金がかかることで、利用のハードルが高くなる人もいます。

審査は避けては通れませんが、カードそのものにはハードルの高さを感じる必要はありません。

用途については事業資金以外であれば原則自由であり、好きなものを買っても良いです。

 

横浜銀行カードローンを利用するデメリット

横浜銀行カードローンを利用する場合、上記した通り事業資金のためには認められないことがデメリットです。

事業資金が欲しい場合は横浜銀行カードローンではなく、他の金融商品がないか探してみてください。

また2017円5月ごろから、審査がより厳しくなったこともデメリットかもしれません。

適切な審査が行われることは、安全や信頼を考えればメリットとも言えます。

銀行から必要以上に融資を受ける人が増えると、返済ができない人も増えやすくなります。

それを問題視した総理大臣や金融庁が改善を訴えた結果、銀行のカードローンの審査が厳しくなったのです。

利用を考えていても必ず認められるわけではないため、注意する必要があります。

 

横浜銀行カードローンで即日融資はできない?

急用などですぐに使えるお金が欲しい人にとって、即日融資はとても便利なものです。

即日融資が可能であることをポイントとして、カードローンを利用する人もいます。

横浜銀行カードローンの場合、必要な手続きがスムーズに進めば翌日の融資となります。

その日のうちに利用できなくても、次の日には限度額の範囲内で目的に応じてお金が使えます。

急な出費や支払いに追われたとしても、申込をした翌日には対応できるでしょう。

しかし即日融資を希望する人は、利用前に考えなければなりません。

即日融資のつもりで申し込みをしてもそれが不可能な場合、何かと困ることがあるかもしれないためです。

改めて横浜銀行カードローンの特徴を理解し、計画を立てると良いです。

 

横浜銀行カードローンでは即日融資はできない

横浜銀行カードローンは最短でも翌日融資となるため、残念ながら即日融資はできません。

銀行のカードローンという性質上の問題があり、当日の審査と借り入れには対応していないのです。

実は以前までは即日融資が可能となる場合もありました。

しかし2018年1月から新しい審査システムが導入され、即日融資が不可能となったのです。

従来の審査は横浜銀行と保証会社によって行われており、信用情報機関の顧客情報をチェックすれば終了していました。

審査時間は最短で1時間であり、即日融資で利用していた人もいたのです。

そこに反社会的勢力に資金が流れることを防止するために警察と提携した第三機関が加わるようになり、時間がかかるようになってしまったのです。

 

横浜銀行カードローンの審査時間を短くするコツとは

即日融資が不可能でも工夫次第で審査時間を短くすることは可能で、たとえば午前中に申し込むと良いです。

午後に申し込むと審査が始まるタイミングが遅くなるため、翌日融資に間に合わなくなる可能性があります。

ウェブや電話から申し込みを行う場合、朝の9時を狙うと良いです

近くに横浜銀行の店舗がある場合、早起きして窓口を利用するのです。

平日の昼休みや土日前の金曜日の前になると、申し込みを希望する人が多くなるかもしれません。

いつ申し込みをするか、タイミングを考えておく必要もあります。

また横浜銀行の口座を持っていると、融資を受けられるタイミングが早くなることもあります。

口座を開設していない人は、事前に手続きを進めることをおすすめします

 

収入証明書を提出する

審査時間を短くするためには、収入証明書を提出すると良いです。

そもそも希望する限度額が50万円を超える場合、現在の収入の証明ができる書類が必要になります。

収入証明書として認められているのは源泉徴収票と納税証明書、確定申告書と住民税決定通知書の4つです。

このうち納税証明書と確定申告書には、税務署の発行印が必要となります。

住民税決定通知書には、市区町村長の発行印が必要となります。

自分の収入についてアピールすると、その姿勢が評価されるかもしれません。

希望する限度額が50万円よりも低い場合でも、念のため収入証明書を用意すると良いかもしれません。

収入証明書はマイナンバーカードがあれば、コンビニのコピー機から発行できる場合もあります。

 

限度額は低めにして申し込む

横浜銀行カードローンの最大限度額は1,000万円ですが、誰もが1,000万円の融資を受けられるわけではありません。

1,000万円を借りる場合は金利もあるため、それ以上の金額を返済しなければならないことになります。

そのため審査もより厳しくなり、利用できない場合もあります。

利用が認められたとしても収入の支出のバランスもあるため、1,000万円の希望に対して100万円前後した利用できない可能性もあります。

審査がゆるくなるわけではありませんが、必要以上に厳しくならないように限度額は低めに申し込むことをおすすめします。

低めに申し込みをすると、それ以上の限度額となるかもしれません。

希望する限度額が100万円未満だと、審査の難易度は平均的かもしれません。

 

申し込み情報を細かく入力する

利用時の申し込み情報は、審査の要素となり得るものです。

自分自身の情報を細かく入力できない場合、信頼してもらえないかもしれません。

何か後ろめたい情報があると誤解されてしまい、審査がより厳しくなる可能性もあります。

また情報が大雑把で細かくないと、本当にそれで合っているかチェックする必要があります。

そのために時間がかかり、審査時間が長くなってしまう場合もあるのです。

何も後ろめたさがないのであれば、入力する箇所は正直にかつ正確に入力してください。

氏名や住所などの基本的な情報はもちろん、現在の職業や雇用形態なども正確に入力するのです。

非正規雇用であっても、安定した収入があることが重要です。

 

不要なクレジットカードはあらかじめ解約しておく

クレジットカードの契約数が、カードローンの審査に影響する場合もあります。

多重債務者となると返済が困難となる場合もあるためです。

仮に多重債務者であっても負債の合計額はあまり多くなければ、審査においてそれほど不利とならない可能性もあります。

しかし不要なクレジットカードがあれば、念のため解約しておくことをおすすめします

利用額の決済が済んでおり普段使う機会がなければ、カード会社に連絡して解約してください。

解約のタイミングは審査前となります

契約数が少ないか横浜銀行カードローン以外に利用を希望するものがない状態の方が、審査時に余裕ができます。

負債の数や内容が集中するため、カードローンの返済に問題がないと判断されやすくなるのです。

 

あらかじめ横浜銀行の口座を作っておくとWEB完結申込みが使える

横浜銀行の普通預金口座を持っていない人は、是非とも開設しておいてください。

開設しておくと契約までの手続きがWEBで完結するためです。

融資を受ける際も、直接口座に振り込まれるため便利です。

開設方法は横浜銀行本支店窓口で申し込みをしても良いですが、パソコンやスマートフォンから申し込むこともできます。

公式サイトまたはアプリの申し込み画面を表示させ、案内に従い手続きを進めてください。

基本的には画面上の案内に従えば良いですが、本人確認書類などの必要なものは事前に用意しておいてください。

WEB完結申込みの場合、来店は不要です。

申し込みの手続きが完了する期間を考えると、審査の1週間か2週間前をおすすめします。

 

横浜銀行カードローンの申込み方法

上記した内容を理解した上で横浜銀行カードローンに申込む場合、公式サイトかアプリの画面を表示させます。

口座開設と同じように、画面に表示された案内に従うことになります。

必要な項目に正確に入力し、不備のないように注意してください。

不備があると審査に影響し、もう一度やり直すように求められる場合もあります。

そして利用するためには、必要な手順を踏む必要があります。

また必要な書類を用意する必要もあるため、忘れてはいけません。

手続きにかかる手間を少しでもなくすと、翌日融資のために役立つ場合もあります。

横浜銀行カードローンの利用を考えている人は、まずは必要な手順から覚えてください。

必要な書類や内容にミスがある場合の悪影響も紹介します。

 

申し込み手順

上記した通り画面上の案内に従い、必要な項目を入力して申込みを行います。

審査はその次に行われますが、書類提出に関するお知らせがショートメッセージサービスで届けられます。

書類を提出する前に、内容をチェックしておきましょう。

審査結果が出て融資を受けられるのは最短でも翌日ですが、数日かかる場合もあります。

契約書類を提出する場合は、WEB完結契約は郵送またはFAXとなります。

審査が終了すると、その結果が電話で届けられます。

電話には必ず出るようにしてください。

もし用事があり出られなかった場合は、折り返し連絡をしてください。

その後横浜銀行カードローンのカードがは簡易書留郵便にて発送され、受け取り後利用可能となります。

 

申込みに必要な書類

まず審査のためには本人確認書類が必要で、有効期限内もしくは現在有効のものを用意してください

顔写真の入った運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどが有効です。

健康保険証も有効ですが、住民票または公共料金等の領収書の写しとセットにする必要があります。

氏名と住所と生年月日が確認できれば問題ありません。

永住権の記載がある在留カードも有効となります。

それらと合わせて上記した収入証明書も必要となるため、忘れずに用意してください。

必要書類を郵送またはFAXで提出する必要がありますが、WEB完結契約であればアップロードで大丈夫です。

たとえば運転免許証は表面と裏面をスマートフォンで撮影し、その画像データをアップロードするのです。

 

書類の記載ミス・虚偽の申告はNG

書類の記載にミスがあると、審査時に事実ではないことが判明する可能性があります。

意図的なものではなく単純なミスで内容が軽微であれば、改めて提出するように求められるでしょう。

しかしミスの内容が重大で、意図的に虚偽の申告をした場合はNGです。

返済能力があったとしても信頼性がないという理由で、審査に落ちてしまう場合もあります

たとえば限度額を多くしたいから職業と収入の内容を変えよう、というのはいけません。

信用情報は個人信用情報機関で厳重に管理されており、各金融機関に共有されているのです。

虚偽の内容で審査を受けようとしても、バレてしまうでしょう。

審査に時間がかかるため、悪質な申込みはデメリットしかありません。

 

横浜銀行カードローンの返済方法

融資を受けた分は金利と合わせて返済する必要があります。

審査の結果限度額が決まりますが、毎月計画的に返済する必要があります。

近くに横浜銀行のATMがあれば、直接振り込んで返済することも可能です

買い物やお金を下ろすついでにATMを利用すると良いかもしれません。

横浜銀行のATMが近くにない場合、コンビニに設置されているATMから返済できる場合もあります

近くにあるコンビニで買い物をするついでに返済できるため、立地さえ良ければ楽ではないでしょうか。

ATMを利用して返済する場合、横浜銀行カードローンのカードが必要となります。

失くしてしまうと返済ができなくなるため、大切に保管して他人には渡さないでください。

 

横浜銀行カードローンの2つの返済方法

横浜銀行カードローンの2つの返済方法ですが、1つは定例返済でもう1つは随時返済です。

利用者はこの2つから自分の好きな方を選び、計画的に返済を行うことになります。

どちらが良くて悪いという話ではなく、よく考えた上で選ぶと良いです。

滞りなく返済できることが重要なため、自分の都合や収入を考慮して考えてみてください。

定例返済は毎月決まった日に、借入残高に応じて登録した口座から自動的に引き落とされるものです

返済を忘れてしまうか心配な人は、こちらが向いているかもしれません。

随時返済はATMを利用して随時返済するもので、定例返済と合わせることもできます。

ではこの2つにはどのような特徴があるのか、一緒に見ていきましょう。

 

1定例返済

横浜銀行は毎月10日を定例返済日としており、その日が土日祝日であれば翌平日窓口営業日となります。

指定した口座から自動で引き落とされるため、ATMを操作して返済する必要がありません。

定例返済額は前月の定例返済後の借入残高によって変動し、たとえば2,000円を超えて10万円以下であれば2,000円となります。

20万円以下であれば4,000円、30万円以下であれば6,000円です。

このように残高に応じて毎月の返済額が大きくなるのです。
限度額の最大である1,000万円を超える場合、85,000円となります。

融資を受けて利用した金額が多くなると、返済の負担も比例して大きくなります。

後先考えずに利用するのではなく、やはり計画性が重要です。

 

2随時返済

上記した通り近くにある横浜銀行のATMかコンビニのATMを利用し、必要に応じて返済する方法が随時返済です。

さらに随時返済は、一部返済と全額返済に分けることができます。

一部返済は返済額の一部を返済するもので、たとえば10万円の融資のうち数千円から数万円を返済することです。

お金に余裕ができたときにコツコツと返済すると、地道ですが完済に向けて前に進むことができます。

何かしらの理由により融資を受けた分をすべて返済できる余裕ができた場合、全額返済をおすすめします。

元金と利息の全額を一括で返済するもので、たとえば10万円の融資と金利を合わせて完済できるのです。

全額返済を希望する場合、定例返済を済ませておくことが条件となります。

 

金利を確認する

融資の返済において重要となるのが金利です。

10万円を借りた場合、10万円をそのまま返済するだけでは足りません。

横浜銀行カードローンでは年1.5パーセントから14.6パーセントとされていますが、限度額によって変動します。

たとえば限度額が100万円以下の場合、年14.6パーセントとなります。

100万円を超えて200万円以下の場合は年11.8パーセント、200万円を超えて300万円以下の場合は年8.8パーセントとなるのです。

限度額の最大である1,000万円の場合、年1.5パーセントとなります。

横浜銀行カードローンの金利は変動金利であり、金融情勢により見直されることもあります。

自分の融資額の金利は何パーセントなのか、必ず確認するようにしてください。

 

失敗しない返済計画のたて方とは?

返済計画では融資を受けた後に好き勝手使うことばかり考えるのではなく、どのように返済するかも考えてください。

一時的に大金を手にしたとしても、使えばなくなってしまいます。

そしてその大金は横浜銀行に返済するものです。

返済できなくなると社会的な評価に影響する場合もあり、横浜銀行からの催促もあります。

自己破産などの債務整理という手段もありますが、新しい融資が受けられなくなるなどのデメリットもあります。

収入と支出のバランスを考えることが難しい場合、横浜銀行のスタッフに相談すると良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーなどのお金のプロも、相談に応じてくれるかもしれません。

自分1人で悩むのではなく、相談相手がいることを覚えておいてください。

 

まとめ

横浜銀行カードローンの即日融資やその他のポイントについて確認してみました。

残念ながら即日融資はできませんが、最短で翌日融資となる可能性ならあります

急用である程度まとまった融資を受けたい場合、1日余裕があれば横浜銀行カードローンは便利ではないでしょうか。

メガバンクよりも勝っているメリットがありますが、翌日融資を実現させるためにはコツを掴むことです。

なるべく午前中に申し込みを行い、正確な内容の収入証明書を用意するなどを心がけてください。

利用する際は安定した収入があることが条件となるため、専業主婦の場合は配偶者に相談してください

事前に計画を立てて、横浜銀行カードローンを有効活用しましょう。

即日融資で今すぐお金を借りるなら!?

即日融資で今すぐ借りるカードローン

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローンがおすすめな7つの理由

バンクイック即日融資で借りるならWEB完結がオススメの3つの理由とは?

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは即日融資向き? 借入の3大利点解説&審査通過のコツを徹...

スルガ銀行カードローン

スルガ銀行カードローンの即日融資は有効!?3大他行比較と口コミで検証&申込みも徹...

住信SBIネット銀行『MR.カードローン』は即日融資できるのか解説

じぶん銀行カードローンの主な機能と申込方法は・即日融資について