即日融資
CATEGORY:即日融資できない

カードローンで即日融資できない業者は銀行のみ!消費者金融はOK

カードローンを利用する理由として大きいのが、即日融資でしょう。

直ぐにお金が欲しいといった時には重宝するのですが、審査に落ちてしまうことがあります。

ではいったいなにが原因で、審査に落ちてしまうのでしょうか。

ここでは借入を成功させるためのコツを紹介していきます。


年収や身分は大丈夫なはずが借入の審査に落ちるんだ、原因を知りたいよ!

審査基準を満たしていても審査落ちする理由はいくつか考えられるわ!

即日融資希望でも審査通過できない人の特徴

最初に即日融資が希望でも、審査に通過できない人の特徴を解説します。

逆を言えば、この審査に通過できないポイントを押さえておくと、通る確率が高くなるでしょう。

融資を受ける基本的な部分ですので、ここを押さえておくのとそうでないのとでは大きく結果も変わってくるはずです。

安定した収入がない

いちばん重要なポイントになるのが収入です。

お金の融資をしてくれる金融機関も、ボランティアで営業をしているわけではありません。

飽くまでもビジネスということになるので、しっかりと返済をしてもらう必要があるのです。

そこで重要なのが安定した収入になります。

そもそも収入がない人にお金を貸しても返済を期待することはできませんし、収入があっても安定していなければ返済も難しくなるでしょう

つまり安定した収入がなければ、金融機関も融資がしにくくなります。

例えば派遣社員やアルバイトでも、融資を受けられる人がいます。

こうした人はきちんと月にいくらという収入を持っているのです。

反対にアルバイトや派遣社員で審査に通過できない人の特徴が、単発などの日雇いが中心であるケースでしょう。

日雇いでも収入があるのには変わりませんが、やはりシフト制などで仕事をしている人と比較すると、安定性に欠けてしまいます。

そのため定期的にきちんとした収入がある、仕事があるということが即日融資では重視されるのです。

ですので即日融資を希望するのなら、アルバイトは単発の日雇いではなく、シフト制のものを選んでください。

勤続年数が極端に短い

金融機関が申込者を審査する時の情報の1つが個人属性です。

この属性とは家が持ち家であるのか、どんな企業に勤務しているのか、などをスコアにしたものとなります。

この属性の中で重視されるポイントの1つが、勤続年数です。

勤続年数が長くなるほど、その人は安定した収入を得ている人と判断されます

反対に勤続年数が短い人は、勤務先を辞めるのではという不安が出てしまうのです。

結果として勤続年数が短ければ、審査に通るのが難しくなってしまいます。

できれば1年以上は勤務した状態で申込がしたいところですが、最低でも半年ほどの勤務した状態で申込をしましょう。

勤務して1ヶ月、2ヶ月といった状況で申込をしても、まず審査に通ることはないです。

よほど他の部分でカバーしていれば別ですが、原則として半年以上、できれば1年以上は勤務してから申込をしてください。

数年の勤務期間があれば、審査でもプラスに評価されるでしょう。

収入に比べて高すぎる金額を申込む

借入希望額という点も、実は重要なポイントになります。

特に即日融資を希望する場合、現時点では消費者金融しか選択肢がありません。

消費者金融は貸金業法が適用されるため、総量規制の問題がついて回ります。

総量規制とは年収の3分の1以上は借入ができない、という国が定めているルールです。

年収が300万円の人なら、他社からの借入とあわせて100万円までしか借入ができません

つまり年収300万円の人が150万円の借入希望を出しても、絶対に審査に通過できないのです。

では100万円以内なら確実かと言えば、そうではありません。.

この総量規制の問題とは別に、もともと収入に対して借入額が大きいケースでは融資が難しくなります。

年収300万円の人が80万円の借入希望を出したとしましょう。

総量規制の枠内ではあるのですが、いきなりこの借入希望額が通るのは難しいです。

職種や他社からの借入金額など、様々な条件がありますが、余程クリーンでないと通ることはありません。

そのため借入希望額を大きくしたいという気持ちはわかりますが、最初は必要な額だけを希望してください。


なるほど、「総所得満額近く」みたいな大金が貸付額になることはないんだね!

加えて、気をつけたいミスもいくつかあるわ♪

こんなミスがあると即日融資できない

即日融資の審査で落ちてしまう理由を紹介してきましたが、実は申込についてミスがあっても落ちてしまうのです。

申込書でミスをするなんてと思う人もいますが、実は審査に落ちる理由の割合としては少なくありません。

即日融資を希望する人の場合、気持ちが焦っているというケースも多いです。

そこで良くある書類の記入ミスについてまとめます。

原則として書類を提出する前には、きちんと確認をしましょう。

申し込み書類にミスがある

申込書類のミスで多いのが、記入ミスでしょう。

単純に書く内容を間違えてしまったというものだけではなく、書く欄を間違えてしまうなどのケースもあります

特にミスをしたくないのは収入などの数字を記入する欄です。

他にも住所や勤続年数などのような部分も、注意してください。

これらの箇所で記入ミスをしていると、審査に通る可能性がかなり低くなってしまいます。

またもう1つ注意したいのが、即日融資までの時間に余裕がないからと走り書きになってしまうことです。

申込の書類は人に読んでもらうことが前提の物ですので、読めないような文字を記入するのは避けましょう。

特に数字については注意をしてください。

最悪は誤記入ではなく、わざとわかりにくい数字を書いていると判断されるからです。

WEB完結などインターネット経由での申込では、自分で記入する必要はありませんので、字が汚いと自覚があるのなら手書きよりもこちらを利用した方がいいでしょう

虚偽の申告は絶対NG

誤記入やミスということであればまだ良いのですが、虚偽の申告をしてはいけません。

審査に通らなくなるのはもちろんですが、最悪の場合は詐欺罪として告発されるケースもあるからです。

審査に通りたいという一心から、年収や勤続年数などを少し水増しして申告する人も少なくありません。

ほんの少しならバレないだろうと思うかもしれませんが、バレてしまった時は犯罪になる可能性もあるのです。

特に多いのが年収を誤魔化してしまうケースでしょう。

290万円の年収を300万円とする程度なら問題はありません。

しかし400万円や500万円とすると、悪質な詐欺とみなされます。

過去の個人信用情報や、他の人の情報からこうした年収の水増しについては、必ずバレるので絶対に避けてください

申込をする前には、必ずチェックをしてミスがないかどうかを確認してください。

即日融資を早める3大コツ

では即日融資をしてもらうためのコツを紹介していきます。

ポイントとしては、いかに申込から契約して融資が終わるまでの時間を短くできるかです。

この点をしっかりと理解しておくと、即日融資の契約もスムーズに進めることができるでしょう。

ここでは3つのコツを紹介しておきますので、しっかりと押さえておいてください。

申し込む曜日・時間に合った借入方法を選ぶ

最初に確認しておきたいのが申込をする曜日や時間帯です

この日時にあった借入方法を、選ばなければいけません。

即日融資で最も良く使われているのが、指定した口座への振込です。

この方法を選択する場合、土日や祝日など金融機関が営業していない時に申込をしても意味がありません。

審査に通ることができても、金融機関が営業をしていないため口座へ振込が反映されるまで時間がかかるからです。

つまり土日や祝日に即日融資をしてもらいたいのなら、店舗もしくは無人契約機を利用する必要があるでしょう

反対に平日の場合であれば、金融機関は営業をしていますので、口座振込が行えます。

そのためネットなどを使って、時間を短縮することも可能です。

ただし注意したいのが、平日の場合は時間制限がある点でしょう。

口座振込をする場合は、金融機関の営業時間内でなければいけません

即日融資をしてもらうとしても、通常は申込から契約終了まで1時間ほどかかってしまいます。

15時に金融機関が閉まることを考えると、最低でも14時には申込を終わらせておく必要があるでしょう。

電話確認のないカードローンを選ぶ

もう1つ即日融資の時間を短縮したいのなら、電話確認のないカードローンを選ぶといいでしょう。

ここで言う電話確認とは本人確認のための電話です。

最近の大手業者はネットで、免許証などの身分証明書を写真にしたものを送付できるサービスがあります

このサービスを使うことで、より本人確認の時間を短縮できるのです。

即日融資をしてもらいたいけれど、時間が迫っているという場合は、この確認方法を選んだ方がいいでしょう。

また在籍確認の電話についても代替措置をとれます。

すべてのカードローン会社で対応しているわけではありませんが、大手の業者を中心として幾つかの会社は対応しているのです。

会社からの貸与品や、給与明細などの提出が必要ですが、即日融資をしてもらう時には覚えておきましょう。

他にも審査の内容によっては後日確認という方法もあります。

会社が休みの日なので別日に確認して欲しいという交渉をすると、後日確認としてくれるローン会社があるのです。

基本的には大手の会社になりますが、交渉するだけの価値はあるでしょう。

WEB完結のカードローンを選んでいる

先述した電話確認よりもネットでの本人確認をした方がいいという話とも重なる部分がありますが、できればWEB完結を利用するのをおすすめしておきます。

WEB完結を利用すると家から出ることなく、契約まで終わらせることができるのが特徴です。

本人確認なども先ほどお伝えした写真のアップロードで、問題なく行ってくれます。

ただ注意したいのはWEB完結を利用するには、特定の銀行口座が必要だったりする点です。

この点については各業者によって規定が異なりますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

無駄な時間をカットできるので、よりスムーズに審査を進めていくことができます。

即日融資に強い!!カードローンを比較

最後に即日融資に強いカードローンを比較していきましょう。

基本的に大手の消費者金融となりますが、現時点で即日融資に対応している業者ばかりです。

安定して利用できるメリットがあるため、おすすめの業者を紹介してみます。

レイクアルサ

新生銀行グループの消費者金融がレイクアルサです。

審査時間も最短で30分と短く、申込から契約までおよそ1時間程度で行えるのが特徴になります。

またレイクアルサと言えば、無利息期間があるのも魅力です。

最近では他社もこのサービスを提供していますが、レイクアルサでは2種類の無利息期間が選べます。

基本となるのは借入額全額30日間、無利息になるものです。

ただ5万円以下の借入額だと30日という制限が180日まで伸びます

初回限定のサービスですが無利息期間が長いため、5万円以下の借入額を予定しているのならおすすめです。

利息については考慮しない人も多いですが、180日間もあれば利息なしでの完済も難しくありません。

SMBCモビット

SMBCモビットはその名の通りにSMBCグループに属している、消費者金融となります。

SMBCモビットも審査時間が早いのが特徴で、さらに同行の口座を持っているとWEB完結が利用できるのです。

ネット上で手続きを進められる以外にも、勤務先への在籍確認の電話を別の方法で代替できるのも特徴でしょう。

ですので職場に電話されるのは困るという人には、おすすめできる業者です。

ただ1つ間違ってはいけないのは、在籍確認がなくなるわけではない点です。

確認そのものは行われますので、その点は勘違いしないでください。

銀行カードローンは即日融資できないの?

最後に銀行系のカードローンだと、なぜ即日融資ができないのかを確認しておきましょう。

実は少し前までは銀行系カードローンでも、即日融資の流れはかなり広まっていました。

大手の銀行だけではなく、地銀などでも即日融資に対応するカードローンを提供していのです。

しかし2018年に法改正があり、即日融資が実質的に不可能となってしまいました。

法改正以前は消費者金融と同じく、個人信用情報を確認して問題がなければ融資が決まっていたのです。

しかし法改正によって警察のデータベースと、申込者を照合しなくてはいけなくなりました。

結果として即日審査という言葉に切り替わったのです。

早いところでも2から3営業日はかかります。

これは反社会勢力に属する人との取引を断つ目的から導入されていて、最短でも1日はかかるのです

そのため銀行系のカードローンでは、どうしても即日での融資は不可能となりました。

即日融資が出来ない銀行カードローン

まとめ

即日融資に落ちてしまうケースをまとめました。

即日融資をしてもらうためには、審査に通る必要があります。

そこで重要になるのが、属性や個人信用情報です。

特に勤続年数など意外な部分が重視されますので、注意しておきましょう。

また申込の時に書類の記入ミスをしないことも大切です。

しっかりと申込をする上でのコツを押さえて、ミスをしないように書類を用意しておきましょう。

また即日融資に通るためのコツも知っておいて損はありません。

特に申込をする曜日や時間にあわせて、方法を選択することは重要です。


即日融資にこんなコツがあるとは!勉強になったよ。

急ぎの場合でも、借入前は金利情報などよく調べましょうね♪
即日融資で今すぐお金を借りるなら!?

即日融資で今すぐ借りるカードローン