即日融資
CATEGORY:即日融資できる

これでOK!!確実安全に即日融資できる条件とは!?融資成功4大コツを解説&優良業者比較!!

お金を借りたいという状況は突発的に起こるもので、そうした時には即日融資を受けられるかどうかが重要です。

そこで確実に即日融資ができる条件とは、どういうものかを確認していきましょう。

融資を取り付けるためのコツもあわせて紹介していきます。

確実に即日融資できる条件とは

では確実に即日融資できる条件とはどういうものでしょうか。

1つは即日融資に対応している金融機関を選ぶということです。

実は少し前までは大手消費者金融や銀行系のキャッシングなどが、対応していたサービスになります。

しかし最近になって銀行系は軒のみ即日融資ではなく、即日審査に切り替わっているのです。

これは規制が強くなったのが理由で、融資か審査かをきちんと見ておく必要があります。

銀行系のキャッシングは、申込をした翌営業日以降の融資が基本です。

対して消費者金融は以前と変わらず、即日融資に対応しているので、この点を覚えておきましょう。


本当に急いでいるときは消費者金融が有効そうだね!

もう一点、消費者金融には独特の審査基準があるのよ!

消費者金融の審査基準

即日融資を期待するのなら、消費者金融の審査基準を知っておく必要があります。

各業者によって基準は異なるのですが、最低でも申込資格を満たしている必要はあるでしょう。

具体的には年齢の条件をクリアし、かつ安定した収入があるというものです。

年齢の条件も業者によってバラツキがありますが、20歳以上65歳未満が1つの目安となります。

安定した収入ですが、雇用形態は問われません。

アルバイトや派遣社員でも問題はないのですが、日雇いのような形式になると難しくなります。

収入はあっても、安定しているとは言いがたいからです。

最低でも2つについては申込をする前に、必ず確認しておく必要があります。

申込資格を満たしていない場合は、審査でも直ぐに落とされてしまうでしょう。

即日融資の審査に落ちる人の傾向は?

即日融資に申込をしたものの、審査に落ちる人がいます。

では審査に落ちる人には、どういう傾向があるのでしょうか。

1つは先ほどお伝えした申込資格を満たしていない点です。

これが理由である場合は、問答無料で審査に落ちます。

次に多いのが総量規制の問題でしょう。

総量規制とは年収の3分の1までしか借入ができない、というルールです。

1社あたり年収の3分の1ではなく、総量規制の対象となる消費者金融や信販会社などから受けた融資の総額が3分の1までになります。

つまり他社から既にお金を借りている時に、年収の3分の1を超えるような希望額を出しても、自動的に審査の対象外となるのです。

他にも収入に対して、借入希望額が多すぎるケースも考えられます。

先述した総量規制があるため、消費者金融からの融資は年収の3分の1を超えることはできません。

しかし総量規制の範囲内であったとしても、年収300万円の人がいきなり100万円の希望額を出しても融資を受けるのは難しいです。

なぜなら消費者金融としても、いきなり限度額ぎりぎりまで融資をするのはリスクが高いからです。

そのため最初の申込ついては、なるべく希望額を抑えておくことが重要になります。


いっぺんに大きな金額を借りるのは危ない感じもするしなぁ!

借入は無理なく計画的に利用する必要があるのよ!
無職や専業主婦は消費者金融で借入できる?

無職や専業主婦の人は消費者金融で借入できるのでしょうか。

最近では融資の理由が生活費の赤字を埋めるため、が借入理由の上位にくるほど、お金に困っている人が多いです。

無職であったり、専業主婦の人ができればお金を借りたいと考えるのも、無理はない話でしょう。

先に結論からお伝えしますと、融資は受けられません。

なぜ融資を受けられないのかですが、これは総量規制があるからです。

先ほどの説明通りに、年収の3分の1というルールがあります。

これは裏を返せば収入がなければ、借入ができないのです。

そのため収入がない無職や専業主婦は消費者金融から、借入することができません。

ちなみに専業主婦であるのなら、銀行系のキャッシングなら利用できる可能性があります。

銀行系のキャッシングは総量規制のある貸金業法ではなく、銀行法を根拠法とするからです。

つまり総量規制の対象外となるため、収入がなくても申込資格を満たせます。

ただし配偶者の収入が必須で、申込時には同意書の提出が必要なケースも少なくありません。

学生OKの消費者金融はある?

消費者金融に申込をする時に気になるのが、学生でも大丈夫なのかという点でしょう。

この点については実は問題ありません。

学生であってもアルバイトなどで働いていて、安定した収入があるのなら借入希望額次第では審査に通ることができます

ただし注意したい点が2つあります。

1つは年齢条件を満たしていることでしょう。

つまり20歳以上でなければ、学生でも社会人でも消費者金融の審査で落とされてしまいます。

もう1つのポイントになるのは、安定した収入です。

アルバイトで働いているのはいいのですが、その勤務形態はどのようになっているかが重要です。

例えばコンビニやカフェなどのように、シフト制で週に3回、3時間働いているというケースなら問題ありません。

しかし単発のアルバイトなど日雇いをメインとしている場合は、安定した収入とは見なされないのです。

そのため即日融資を受けたくて申込をしても、審査で落とされる可能性が高くなります。


僕、借入の審査を受けてもなぜか落ちることがあるんだ。年収的には大丈夫なはずなんだけどなぁ。

借入で落ちる正確な理由はわからないけど、有力な理由はあるわ!

即日融資を最短確実に成功させる4大コツとは?

では即日融資を最短で成功させるための、4つのコツについて考えていきましょう。

このコツを知っているかいないかで、即日融資が成功するかどうかが大きく変わってきます。

場合によっては審査には合格をしても、時間的な問題で即日融資ができなくなるケースもあるほどです。

そのためしっかりとコツを頭に入れておきましょう。

即日融資に来店する必要があるかを確認する

最初に確認をしておきたいことがあります。

それは即日融資を受ける時に、来店する必要があるかどうかです。

大手の消費者金融ですと来店不要というケースが多いです。

ただ来店や無人契約機を使うことでも、即日融資が可能なのは覚えておくといいでしょう。

中小の消費者金融となると、業者によって様々です。

即日融資には対応していても店頭の受付のみというケースもあれば、大手と同じようにネット上で完結できるものもあります

そのため確実に即日融資を受けたいのなら、申込をする業者の情報はしっかりと確認をしておきましょう。

ちなみに来店の必要がある場合は、移動時間なども考慮しておく必要があります。

即日融資を受けるためには、時間の制限があるケースも多いです。

そのため店に足を運ぶ時間も考えておかないと、タイムオーバーになる可能性もでてきます。

申し込みは平日の午前中に済ませる

消費者金融で即日融資を受ける時のポイントの1つが、申込は平日の午前中に済ませるという点です

なぜ平日の午前中なのかですが、これは即日融資の中でも便利なのが口座振込だからです。

基本的な流れを確認してみますと、消費者金融へ即日融資の申込をして本人確認などが終わると、審査が行われて通っていれば契約を行って融資を受けるという形になります。

特に大手の消費者金融はスピーディーな審査が持ち味ですので、申込からおよそ1時間程度で終わるでしょう。

ただし注意したいのが口座振込の場合は、金融機関の営業時間にも注意しないといけない点です。

平日は15時までの営業となりますので、最悪でも14時には申込を済ませる必要があります。

ですが確実に即日融資を望むのであれば、審査が長引いたことも加味して午前中までに申込を終わらせておく方がいいでしょう

必要書類を準備しておく

もう1つ審査をスムーズにするポイントは、必要書類を予め用意しておくことでしょう。

絶対に必要となるのが本人確認用の書類です。

通常であれば運転免許証で問題ありませんが、お持ちでないのならパスポートやマイナンバーカード、健康保険証でも問題ありません。

ここで注意したいのが申込書類に記載した氏名、住所、生年月日が一致するものでないとダメな点です。

ちなみに原則として顔写真付きのものが必須となりますので、健康保険証を使う時には住民票などが必要となるケースがあります。

もう1つ借入金額などによって必要なのが、収入証明書です。

50万円以上の借入希望額となるケース、借入希望額と他社からの借入金額の合計が100万円を超えるケースの2つが該当します。

収入証明書とは源泉徴収票や確定申告書、課税証明書などです

どの書類が必要となるかは金融機関で異なるので、事前に確認をしておく方が無難でしょう。

これらの書類を事前に用意しておくことで、スムーズに手続きを進めていけます。

WEB完結を利用して審査時間を早める

大手消費者金融の中にはWEB完結という申込方法があります。

WEB完結とは申込から借入まで、すべてをインターネット上で済ませられる方法です。

店舗に足を運ぶ必要もありませんし、必要書類の提出などもWEBで行うことができます。

そのため審査の時間を短縮できるのです。

スピーディーに即日融資を希望するのであれば、WEB完結を利用した方がいいでしょう


借入する業者もいろいろあるよね、低金利でサービスがいい業者はどれかな?

即日融資に強くて評判のいい業者をピックアップしたわよ♪

即日融資できる消費者金融を徹底比較

では最後に即日融資ができる消費者金融を比較していきましょう。

大手の業者だけではなく、中小の消費者金融も確認していきます。

信頼性で選ぶのであれば大手業者ですが、柔軟な対応を希望するのなら中小の業者を選んだ方がいいです。

それぞれにメリットがあるので、自分の希望する方を選択してください。

即日融資に対応している大手カードローン業者一覧

即日融資に対応している大手の業者を紹介しましょう。

大手の業者の中でも最も上限金利が低いのがプロミスの即日融資です

初回利用時のみですが、30日間の無利息期間が設定されます

アコムの即日融資もまたおすすめの業者の1つです。

審査がスピーディーな上に、丁寧な対応が評判となります

無人契約機の設置台数も多いため、柔軟に借入や返済が可能です。

土日でも審査が遅くならないのも特徴でしょう。

またモビットの即日融資の電話連絡なしで借りられるのもポイントでしょう。

スピーディーに即日融資を受けたい、来店せずに融資を受けたいという人にはおすすめです。

専用のアプリが提供されていて、スマートフォンから契約ができます。

契約後には借入の申込なども可能なので、便利なサービスでしょう。

レイクALSAも知名度の高い業者でしょう

初めての利用で2つの無利息期間があるのが特徴です。

WEBからの申込にも対応していて、最短60分で融資ができます。

無利息期間を上手く使うと、とてもお得にお金を借りられるでしょう。

最後に紹介するのがアイフルです。

アイフルの即日融資もまた初回利用限定で無利息サービスがあります

大手業者の中でも特に審査がスピーディーなことで有名でしょう。

大手消費者金融のメリット

大手消費者金融を使うことのメリットは、やはり信頼性が高いという点でしょう。

残念ながら消費者金融の中には、悪質な業者がいるのも事実です。

しかし大手の業者であれば、そうした心配は必要ありません。

また運営母体が銀行系であるケースも多いため、使い勝手が良いというのもメリットでしょう。

審査もスピーディーですし、スマートフォンのアプリ提供があるため便利に利用できます。

来店不要で即日融資OKの中小消費者金融一覧

次に中小消費者の中で来店不要、即日融資が受けられる業者を紹介します。

中小消費者金融の中でも有名なのがセントラルです

来店不要なだけではなく、中小では珍しく土日での即日融資にも対応しています。

7都県15台と限られますが、自動契約機があるため土日でも即日融資も可能なのです。

全国にあるセブン銀行のATMに対応しているのも特徴でしょう。

審査の柔軟さで定評があるのがフクホーです。

他社で審査に落ちた人が、フクホーで融資を受けられたというケースが多いです。

審査のスピードも速いため、できるだけ審査が柔軟な消費者金融を探している人におすすめできます。

最後にAZも紹介しておきましょう。

AZもフクホーと同じく審査の柔軟さに定評があります。

またWEB完結での申込も可能であるため、中小であっても使いやすい消費者金融の1つでしょう。

中小消費者金融のメリット

中小消費者金融を使うメリットは、審査が柔軟なことでしょう。

個人信用情報法に問題がある場合、大手では審査に通るのが難しくなりますが、中小では通る可能性があります

またローンカードの発行がないケースがあるため、ATMから簡単に借入することができないのも、メリットでしょう。

これはデメリットに感じるかもしれませんが、かんたんに融資ができないということは、返済に集中ができます。

そのため返済に集中できない人にとっては、大きなメリットになるのです。

まとめ

即日融資が可能な条件と、対応する消費者金融でした。

確実に即日融資を受けるのなら、現時点では消費者金融しかありません

銀行系のキャッシングは即日審査という形になるからです。

そのため確実に融資をして欲しいのなら、事前に必要書類を揃えた上で平日の午前中までに申込を済ませておきましょう。

即日融資に対応する消費者金融は大手だけではなく、信頼のできる中小業者もあります。

大手にはないメリットもあるため、候補に入れておくのもおすすめです。


即日融資の概観がわかってきたぞ!

今回紹介した業者についての詳しい解説記事があるから是非見てみてね♪
即日融資で今すぐお金を借りるなら!?

即日融資で今すぐ借りるカードローン